[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[邦楽] 夢スケッチ/JAM Project

夢スケッチ夢スケッチ
(2013/01/30)
JAM Project

商品詳細を見る


アニメ「バクマン。」のラストEDがJAM Projectってことで、久しぶりにバクマン。のアニメを見ようとしたw

ぶっちゃけ、TVサイズを聴いたときは、うーんなんだかなぁって感じがした。勿論、EDだしゆったりめな曲で合ってるとも思うんだけど、バクマン。自体はそれなりに熱い漫画だと思うし、最後盛り上ってもよくね?とか、寧ろなんてOPで盛り上がり担当じゃないの?って気持ちもありました。JAMの曲としては、しっとりめのバラード調が普通に好きだったりはするんだけどw

基本的にJAMの曲ってテレビサイズだと微妙って思うことが多いし、1番だけだと大した盛り上がりがないなと思ってた曲でも、フルで聴いたら全然違うってことが多々ある。
だから、TVサイズで微妙だと思っても、フルで聴いてみないとわからないと思った。
私は、アニメ大好きではあるけど、JAMがタイアップしたアニメやゲームってまともに楽しんだことなくて、大概聴くのはフルサイズが最初。

まぁ、とりあえずアニうた予習に必要だったので、今回はiTunesで購入したんだけど、基本的にはアルバムしか買いません。

やはり、「夢スケッチ」に関しては、TVサイズとフルで聴くのとでは全然印象が違って、やっぱりフルのが全然いい。サビの後に来るサビっていうか、普通にサビって言われるところ以外の盛り上がりが凄く好きなんだよね、JAMの曲って。そこは、影山さんの作曲だからってのもあるかもしれんがw

ただ、普通ならそれで終わりなんだけど、どうしてレビューまで書こうと思ったか……それは、iTunesで購入ついでに聴いておくか程度の気持ちで聴いた、これのカップリング曲が初聴で非常に好きだと思ったから。

カップリングの「キミオモフ ~たった一人の君へ~」、素直にお勧めしたくなる曲だと思った。
普通、作詞作曲まで確認することってあまりないんだけど、思わず確認してしまったら、まさかの作詞作曲がダニーだった。珍しい……ってほど珍しくもないかもしれないけれど。結構、ダークな根底に響く感じの低音沢山使ってるような曲なイメージもあったもんだから、こんなにも青春+らぶ!みたいなリア充っぷりな歌詞が乗せられた曲になんだか妙にむず痒い気持ちになってしまいました。
「夢スケッチ」の方も歌詞を聴くと普通にラブソングな感じなんだけどね。
ただ、特に何も考えずに音楽を垂れ流し状態にして聴いてると、自分の耳が反応したのが悉くこの「キミオモフ~たった一人の君へ~」だった。
もう、歌詞も勿論だけど、サビ前のソロから入って、ハモリってのかな複数人で歌うサビに入るところの躍動感っていうか盛り上がりが凄いじわじわくる感じでかっこよくてやばい。

つか、JAMのシングルで、表題曲とカップリング曲が両方とも大人しめって結構珍しい感じ?

にしても、本当に珍しくっていうか、これほどまでにわかり易く男女関係が歌われてるのって初めてじゃないかね? 曲調自体が好きだから、歌詞までしっかり噛み締めて聴いてるのってごく少数でしかないけどw
JAMの曲ってなんていうかオリジナルだと特に世界平和とか環境問題的なものとか友達関係的な人間同士の関わり?こう書くと大仰な感じがするけど、恋愛といった俗物的な感じはあまりないイメージだった。まぁ、私の脳内設定で勝手にらぶ置き換えしてる曲もあるけど「MAXIMIZER~Decade of Evolution~」に収録されてる「Always be with you」とか若干主旨外れてる気もするけど、私のお気に入りラノベのテーマソングと勝手になってる。

まぁ、今回バクマン。のタイアップってのもあって、サイコーと亜豆の恋愛視点を盛り込んだんだろうけど……
多分、私、これを普通に聴いてたら普通に好きになってた曲だと思う、ただ、如何せん、バクマンの主題であるサイコーと亜豆のカップルがあまり好きじゃないのが原因なんだけどねw 私は秋人+カヤのが好きなんです。
というか、言ってしまえば、バクマンの終わり方自体がぶっちゃけ好きじゃないんだけどねー。もうちょっと盛り上がって終わるって思ってた期待感がこれで終わり?ってすぼみ感があったってーか。

そんな感じで、カップリング曲としても私の個人的な気持ちを除ければ、凄くあってる曲な上に、単体で聴いても素敵と思えた曲です。
アニソンって原作ありきでそれにどうマッチングするかで視聴者にとっても印象大分変わってくるから。



なので、結局この2曲と、「Wings of the legend」の計3曲をiTunesで購入してしまった。こっちも最初公式CM動画でチラっと聴いた限りだと微妙だなーって思ったけど、フル聴いてマジかっけぇと一転www JAMのシングルは基本買わずにアルバム待ちっていうか、ぶっちゃけ「鋼のレジスタンス」なんかリリースして半年近く経っていつ出たんだって感覚になってたw だって、2011年12月のツアー以来、JAM関連でライブスタンバイする必要もなかったし、去年はあまりの面倒くささに巌流島もスルーしてしまったからねw


とりあえず、個人的には、長老には悪いが「夢スケッチ」よりも「キミオモフ ~たった一人の君へ~」押し。
ひとめ見ただけで恋に落ちてた
惹かれ合うのに理由なんてないさ この奇跡 信じてる
逢えない事で愛は深まって 絆を強く育てて行くんだよ
遠回りなんかじゃない きっといつの日か Dreams come true


ライブアンコールのKIZUNAやHERO枠でもいける曲じゃないかなんて思ってしまいますが、ダニー曲なので、それはないのかなぁなんて思ったり……。
今更知ったことだけど、ダニー曲だった「Believe in my existence」のカップリングだった「夢心地 yah! yah! yah!」も大概の発表曲はカップリングも含めて収録されるJAMアルバムにも収録されてない。まぁ、自分のiTunes見ると、これも可愛い曲というかポップな元気出る感じの曲だなって思った覚えはあるけど、★4でつけてたw なので、ダニー曲信望者とは私は言えないのかもしれんんけど、とにかくJAM曲で大好きな1曲が増えましたとさ。

流石に3月のアニうたで、カップリングを聞くことはないだろうけど、夢スケッチは歌うだろうか?
バラード調だし、ちょっとリストに持ってくるか読めないんだよなー。



JAM Project BEST COLLECTION IX THE MONSTERS
JAM Project BEST COLLECTION IX THE MONSTERSJAM Project

ランティス 2012-11-14
売り上げランキング : 912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Wings of the legend/Babylon JAM Project BEST COLLECTION VIII GOING 『スーパーロボット大戦』×JAM Project  OPENING THEME COLLECTION ALBUM MAX THE POWER JAM Project LIVE 2011-2012 GO!GO!GOING!!~不滅のZIPANG~ [Blu-ray] 夢スケッチ



スポンサーサイト
テーマ : アニソン    ジャンル : アニメ・コミック

[邦楽] ROCK JAPAN/影山ヒロノブ


ROCK JAPANROCK JAPAN
(2012/02/08)
影山ヒロノブ

商品詳細を見る


1. Ray of Hope ~Anthem of KAGE☆STARS~
2. ROCK JAPAN
3. Another heaven ~愛の名のもとに~
4. Rock steady
5. Birthday eve
6. Everlasting Love
7. フガイナイゼ! ~Stardust Punks~
8. C.C.R(Crazy Cyber Riders)
9. Karma
10. フユソラ ~君の未来 君の幸せ~
11. CROSS WORLD ~俺達のフロンティアスピリット~
12. 明日天気になれ! ~僕は晴れ男~



こちらで視聴可能。上のAmazon商品ページでも聴けるけど、公式には一応PVもある。
まぁ、個人的には、あまりPVとか興味ないっつーか、ビジュアルで好きとかではないから結構どうでもいいんだけどねw 

待ちに待った影山ヒロノブのソロアルバム。
最初の予定っていつだったんだっけ? 確か、福岡JAMライブの少し後とかで、物販で買えないなーとか最初思ったはずだw そんで、Amazonの注文履歴を確認したら、予約したの9月2日だったww
実際延期されちまったわけだけど、会場でアルバム予約があってて、特別ジャケ+サインとか何とか言ってたけど、何か面倒くさかったのと既に予約しちまってたからスルーしたんだけど、もしあれ予約してたら、引き取りってどこだったんだろ?



先日、購入した新牙狼OPが思ったより何だか微妙だなーって思ってたし、正直今回のJAMツアーは過去2回や初アニうたでJAMの虜になった熱さと比べたら、あれこんなもんだったっけ?私のJAM的熱さもそろそろ冷めてきたのか?なーんて多少思わなくも無かったのですが……今回のアルバム聞いて杞憂でしたwww 
やっぱ、こうゆうアニソンロック系の曲普通に好きだ。

「我が名は牙狼」は、試し聴きしたときも何かスピード感はあるけど、盛り上がりどころがない?っていうか、最初から盛り上がってるんだけど、そのまま盛り上がったまま起伏がない?ってな感じのイメージを持ってて、でもJAM曲ってフルで聴いたら全然印象違って、後半の盛り上がりどころとか間奏や曲調やらで何これ凄い!ってなったりするから、普通はアルバム待ちするのに、牙狼自体が好きな方だからJAMのシングル初購入してみたんだけど、何か結局試し聴きしたときと印象は変わらず、最初から最後まで同じ調子という感想を持った。でも、妙にヘビロテしたくなる感じ……というか普通にヘビロテしまくってんだけどねw JAM曲がスルメ曲と言われる所以だろうかw?
あ、でも、もしパチのリーチやラウンド曲でこれかかったら、ホール内でwktkしまくってノリノリになることは確実だと思うw


というか、初代牙狼が神過ぎただけか……2011-2012JAMライブで牙狼ラストのスーパー遠藤タイムが聞けなかったことが本当に残念だった。


あ、でも、featまっくんの「PREDESTINATION」は何か好き。古き良きって感じで凄い懐かしい感じw
我が名は牙狼我が名は牙狼
(2012/01/25)
JAM Project、奥井雅美 他

商品詳細を見る


2011-2012のJAMツアーは会場の問題もあるんだろうけど、音が割れ過ぎ感があったり、歌声に集中して聞いてみても、すごいと思うことが少なかったんだよね、何故か。バラード系でバックサウンドが抑え目の曲はすっげーって鳥肌もんだったけど……そろそろマジでzeppでやるのやめて欲しいわ。冬場は荷物管理大変だし。



んで、本題に戻りますが、影山さんのソロアルバムは発表あってから絶対買う!って思ってて、Amazonに商品登録されて結構早い段階で予約したんだけど、発売ほんの数日前まで視聴してなかったというか、専用ページがあるのを知らなかったw

そんで視聴したとき、もうイントロの段階でこの曲やべぇっ!!!って思ったのが「Everlasting Love」。最初ほんのちょっと聴いて、もうこれはCD待ちしようと思ったw
結果、普通にヘビロテ曲になってもうた。
印象としては、初めてフルで聴いた「流星lovers」を思い出した。あれも、アニメOPverで聴いたときは、最初何も感慨無くて、結局1回しか聴かなかったんだけど、アルバム出てから改めてフル聴いて大好きな曲のひとつになったw
JAM Project BEST COLLECTION VIII GOINGJAM Project BEST COLLECTION VIII GOING
(2011/05/11)
JAM Project

商品詳細を見る




私は、音楽に対して良いも悪いも正直まったく分からん。
影山さんに対しては大好きなDBの曲を歌った人ってだけだったけど、JAMの曲とか色々聞いて、なんだかんだとこの人の作曲する曲調好きなんだろうなぁって思う。
多分、歌詞とかは意外性とか真新しさみたいなもんは正直ないと思う。それはJAMの曲でも思うことだし、なんというか、凄くキャッチーな感じですとんと落ちるイメージ。変に湾曲したメッセージを解釈するというよりは、ダイレクトにばしっと来るイメージ。

千と千尋のメッセージ性などの情緒を全く理解出来ない私にとっては、ダイレクトな方が正直ありがたい。


あと、今回のアルバムで他の好きな曲。


<バラード調>
「Birthday eve」
「フユソラ ~君の未来 君の幸せ~」
「Another heaven ~愛の名のもとに~」

<ロック調>
「C.C.R (Crazy Cyber Riders)」
「CROSS WORLD ~俺達のフロンティアスピリット~」


本当にひとつのアルバムとして見れば、ノリのいいロック調の曲と聴かせるバラード系がうまい具合だなって思う。
ちょい、「CROSS WORLD」はまともに聴く前にPV見てしまったせいで、妙に影山氏の歌い方の脳内に固定されてしまったのが妙な感じだけど、イントロの出だしとか何か凄い明るい感じで好き。

まぁ、それでも、「Everlasting Love」のヘビロテ率がやばいんだけどwww
軍を抜いてやがるw あと、歌詞を何気に聴いてると珍しく……つーか、私、影山さんのソロオリジナルって考えたらまともに聴くの初めてなんだけど、なんというか珍しくラブソングちっく?
というか、普通に熱いロボ系アニメの主題歌でも違和感ねぇわwwwって思う。
1曲だけでも、こんだけヘビロテ出来る当たり曲あっただけでもめっけもん。というか、個人的には半分以上は当たりなんだけどねw


つーか、今年入って、普通に比べたらCD買ってる気がするんだけど、「Istoria~Kalliope~」(買ったのは特装版)、「輪るピングドラム キャラクターソングアルバム」、と上記の「我が名は牙狼」にこの「ROCK JAPAN」。

でも、既に手元にあるのが、「ROCK JAPAN」だけだっていうねw
好きな人には申し訳ないけど、やっぱり視聴回数がモノを言ってるわw ピンドラのキャラソン、発売時からすっげ気になってたんだけど、いくらレンタル待ちしても入る気配ないから買ってしまったんだよね。まぁ、アニメ自体、はまりまくってた訳でなくラストよくわからんから、アニメ作品自体にはさほど思いいれってもんもないからだろうけど。

あ、新アクエリオンのAKINOの主題歌はiTunesで買ったった。聴きたかったけど、シングル買うほどではないって思ってたけどすっげフルで聴きたいと思ってたから、発売日データ配信登録されてて嬉しかったw
初代のに比べたら、インパクトの凄さは劣る気がするけど、普通に好きな曲だ。まぁ、初代は曲そのものより歌詞のインパクトが凄すぎだったからねw
君の神話~アクエリオン第二章君の神話~アクエリオン第二章
(2012/02/15)
AKINO with bless4、AKINO&AIKI from bless4 他

商品詳細を見る




それより、アニうた2012開催すんの?
福岡JAMライブで、場所と日程検討中っておっしゃってた気がするから、開催自体はされるもんだと思ってたんだけど。
漫画ミュージアム(笑)開館にあわせてとか言って、盆時期のコミケ辺りに被せてきたら絶対痛い目みると思うけどねw 九州の奈々様ツアーも同じ時期だしw

正直ねー、市がヲタ文化を応援して金注いでくれるのは嬉しいんだけど、数年したらコムシティみたいになってそうなんだよねぇorz

まぁ、アニうたというイベントは、もう少しどうにかうまくやって毎年恒例のイベントって感じで根付いて欲しいもんです。



ROCK JAPANROCK JAPAN
影山ヒロノブ

我が名は牙狼 呀 ~Tusk of Darkness~ 環境超人エコガインダーOX (e)-STYLE LIVE TOUR LIVE DVD Believe in my existence

by G-Tools




テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

不規則更新なので、twitterで更新を通知しています♪

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。