[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画] 君のために弾くショパン4 著:長江朋美


君のために弾くショパン 4 白泉社レディース・コミックス (白泉社レディースコミックス)君のために弾くショパン 4 白泉社レディース・コミックス (白泉社レディースコミックス)
(2013/05/02)
長江朋美

商品詳細を見る


少し前に、これの連載掲載誌であるシルキーが休刊とか言うのを見て、どうなるんだろって思ってた。
そして、webで確認したときに、最終巻と出てたので、終わっちゃうんかーって思った。

しかし、読んでて、え、これ何も解決してないし、ちゃんとこの巻で終わるんかよwwwなんて思ってたんですが、普通に続刊らしいw
今後は、コミックシーモアでの連載となるらしい。

[感想] 君のために弾くショパン1~3


今巻の途中、ショパンさんが消えちゃうかも!みたいな展開になるも、それは和音が自分の音を出せなくなったせいで、自分本来の演奏を取り戻した後はショパンさんは出てくるようになります。
まぁ、これも、木嶋さんのせいなのですがwww 残念なイケメンピアニストです。
木嶋先生の指導と自分の求める演奏からどんどん遠ざかっていき焦る和音は、正直にその気持ちを木嶋に告げる。そして、決別。
師を失い、初めてのコンクールを一人で挑むことになる……が、結果、木嶋の枠に嵌った考えを払拭させることになる。
彼氏になる予定の留学中の弘之、身近にいる好意を寄せてくる木嶋。
和音の心は動かないでしょうが、弘之が悶々とするところはもっと色々みたいと思いますw


つか、これを読む前にこの作者の作品は何作か読んだけど、普通にベッドシーンを入れてくる作風というか、そういった描写を必要とする掲載誌にいるイメージもあったのですが、本当に君ショは何も無いwwww
普通の少女漫画というか、LaLaとかにありそうだなぁとも思う作風です。


刊行頻度低めだし、続きはいつだろう……。


来月発売の「あなたのオモチャ~新婚編~ 3」とこれとで応募者全員サービスやるそうです。
作者作品のらくがき本だとか。


あなたのオモチャは新装版が出るみたいです。
ずっと、絶版になってたんかね?
あなたのオモチャ 新装版 (フラワーコミックス)
もっとあなたのオモチャ 新装版 (フラワーコミックス)



君のために弾くショパン 1 (白泉社レディースコミックス)君のために弾くショパン 1 (白泉社レディースコミックス)
長江朋美

君のために弾くショパン 2 (白泉社レディースコミックス) 君のために弾くショパン 3 (白泉社レディースコミックス) 君のために弾くショパン 4 白泉社レディース・コミックス (白泉社レディースコミックス) あなたのオモチャ~新婚編~ 3 (フラワーコミックス) あなたのオモチャ~新婚編~ 1 (フラワーコミックス)

by G-Tools

スポンサーサイト
テーマ : 感想    ジャンル : アニメ・コミック

北米版TIGER & BUNNY SET 1&2 届いたったwww


[Blu-ray] 北米版 TIGER & BUNNY SET 1&2 全25話


何故か、22日発売と思ってた。検索かけたら、既に取り扱い開始されてたもんだから、迷わずポチりました。
うーん、先週USDJPYのレート調べたときから、2円下落してね?みたいな……。まぁ、合計額からしたら200円かそこらの違いだけどさw

かかった費用は以下の通り、米AmazonのアニメSET見てると、発売後数ヶ月で半額前後とかになってる気がしたけど、日本Amazonで取り扱ってるものより合計金額は安くなるので、直接購入。ていうか、もたもたしてたら、またどんどん対円が下落しそうでなwwww
まだ、クレカ明細に反映されてないけど、多分1万は超えてないだろう。(追記:9846円でした。)
ちなみに、先ほどヤマトが届けてくれましたが、徴税もありませんでした。

Item(s) Subtotal: $78.31
Shipping & Handling: $15.97
-----
Total before tax: $94.28
Sales Tax: $0.00
-----
Total for This Shipment: $94.28




ちなみに、日本時間の5月15日夜に注文し、18日昼に届きました。
米Amazon普通に良い仕事してます。照会してみると、17日の昼には大阪の税関に到着してたっぽいけど動きないから週明けかと思ったらw
ていうか、米Amazonで頼むのも日本Amazonで頼むのも受け取る日を考えたら多分同じだったんじゃないかとw それなら、日本Amazonでわざわざ買う必要ないよなー 送料入れても、米Amazonのが安いんだしw
だって、日本Amazonで15日夜に注文したとしてもプライム入ってるわけじゃないし、発送は翌日16日回しになる可能性大。うち九州だし、在庫が関東の倉庫しかなかったら、明後日である18日着だろうし、堺倉庫発だったとしても、日本郵政だったら(商品の厚さ的にその可能性が高い)、同じ明後日着。唯一、一番早く手に入れられる可能性としては、鳥栖倉庫発で翌日着でしか考えられないwww


マジで初回限定とか特典必要にしないのなら、北米版はお財布にやさしいね。
日本のアニメBDとか2-3話しか収録してなくて、ディスク入れ替えも面倒すぎるし、その点、北米版タイバニは全25話をディスク4枚に収録してます。



ケースは、日本で普通に売られてるトールケースよりも、若干薄めな感じ? というか、普通のBD購入したことないからわからないや。
各ケースに2枚封入。下の画像の上がセット1、下がセット2。
20130518-1.jpg


まぁ、パッケージは何でこれにしたんだよ……って全然かっこよくないですがwwww どうせなら、桂絵にして欲しかった。日本初回特典BOXの虎鉄とバニーちゃん仕様だったら良かったのにww
海外正規版のBDならイギリスのがジャケは良かった気がするけど、リージョン問題があるので。米国BDは日本BDと同じリージョンなので、国内プレイヤーやPS3等で問題なく視聴可能です。
20130518-2.jpg



やはり、北米版ということで、英語音声入ってるのはでかいな。

ただ、小声の斉藤さんのところの字幕が英語になるというのがちょっとあれだけど……。


まぁ、英語勉強する目的というより、9割がた自分の娯楽目的のためだけど、普通に垂れ流し用に英語耳慣れのためにはもってこいかもしれんとも思う。手持ちのでそんなことした覚えはありませんがwww


つか、日本語音声のときは英語字幕とれない仕様?
あと、再生中に音声変更とか出来ないっぽい?
でも、日本Amazonのレビューを見る限り、最初からの仕様のよう。

・英語音声のみ
・英語音声+英語字幕
・日本語音声+英語字幕

の3パターンのみ。
普通、英語と日本語音声選択、字幕選択出来るのが普通じゃね? これBDってより、ビデオCDみたいだww
しかし、DVD版はリージョン問題があるとは言え、日本語音声のみ字幕なしを選択出来る模様。
というか、タイバニ北米版の販売元はBDは強制字幕で有名な会社らしいwww 初めての北米版購入だから、そんなこと知らなかったよ(´・ω・`)

とすると、字幕はどうにもならんわけだし、ディスク再生はPCでリージョンは気にしなくていいし、家にあるプレイヤーも安いリージョンフリーのだから、DVD買った方が当たりだったのかな?
どのくらい画質と音質が違うのかわからんけどさ。
でも、BD版と同じディスク枚数なわけだから、勿論画質落ちるんかな? そうじゃないと何のためにBDが存在するかわかんねーよwww

まぁ、ちょっと残念ではありますが、日本人にとって優しい日本正規版を購入する作品に対する情熱もないのに、文句言うのもあれやねw
でも、サンライズからBOX仕様が発売されたら考えるかもしれんねw

というか、それでも、再生途中で言語チェンジ出来ないのは面倒くさいな。
タイトル画面に戻っても、何か固定されてるというか、メニュー読み直さないとセットアップ出来ない感じ?
私は、安いBD再生ソフトを使ってますけど、何故か一旦プレイしてしまうと、マウスクリックでは操作出来ない感じにwww 今までBDやDVD見てそんな感じなかったと思うんだけど、キーボードの十字キーでは操作可能でした。
ちなみに、Amazonで2500円で安売りしてたときに買ったソフトです。

BD&DVD 再生 ArcSoft Theatre 2  [ダウンロード]BD&DVD 再生 ArcSoft Theatre 2 [ダウンロード]
(2012/05/17)
Windows

商品詳細を見る



メニュー画面というか、ちょっと不親切だね。
安いしのに、文句言うのあれだがw


あと、スタッフロールは全部英語でちょっとかっちょよい。
日本アニメでもスタッフロールとか、この人の声優誰だろ?って気になったときしか見ないし、基本、OPEDは飛ばしたりする方だから、ここは気にならんかな。


にしても、タイバニほど英語音声の似合う国産アニメってそうないと思うわ。
最初、1話見たときは、アメコミ調が何か苦手で、実は1クール終わるあたりまでまともに見てなかったくらいだしねw 個人的には楓ちゃんとの親子交流やブルーローズの可愛さに萌え萌えしだしてから面白いって思った。終わり方も最近のアニメにしてはすっきり王道的に気持ちよく終わってるのがでかい。まぁ、ウロボロス関連の妙に含ませたラストはどうかと思うけど、2014年2月に続編劇場公開だし、その辺でどうなるのか期待。


それと、SET1に放送直前に放送されたっぽいメイキング映像、SET2に田村一彦プロデューサーとキャラクターデザインの桂正和先生のインタビューが収録されてます。2012年のニューヨークでのイベント? これって、日本国内に収録されてるのあるんかな? まぁ、内容とかは設定集とかで語られてる内容だったりするんだろうけど。

うーん、にしても、この人があんなに素敵な肉感的な尻を描かれる方なのか……と思うと感慨深いものがあります。
中学生のとき塾にいた男子のジャンプを見て、I'sの単行本探しに本屋行った覚えがありますw 強烈な絵の綺麗さにびっくりしたんだよな。



TIGER&BUNNY  タイガー&バニー 北米版BD-BOX set1[第1話-第13話] [PS3再生OK][import]TIGER&BUNNY タイガー&バニー 北米版BD-BOX set1[第1話-第13話] [PS3再生OK][import]
(2013)
VIZ VIDEO

商品詳細を見る
TIGER & BUNNY: SET 2 《14-25話》 (北米版)TIGER & BUNNY: SET 2 《14-25話》 (北米版)
(2013)
Viz Media

商品詳細を見る




テーマ : アニメ    ジャンル : アニメ・コミック

[小説] 竜の国の花嫁 著:火崎勇

「彼は宮廷の淑女よりも自然を愛する女性が好きだからね。何なら私の方から今度は彼に君のことを推薦してあげようか?」
「いいえ、それはいけません」
「どうして?」
「だって、陛下のお言葉は絶対です。もし彼が私を好きでなくとも、陛下のお言葉を拒むことはできません。私は自分の力で、彼に振り向いて欲しいんです」

(竜の国の花嫁 p148-149)


竜の国の花嫁 (ジュリエット文庫)竜の国の花嫁 (ジュリエット文庫)
(2013/05/15)
火崎勇

商品詳細を見る




うーん……、前回火崎先生の作品を読んで今後作家買いするぞ!ってなって期待度あがった分、肩透かし食らったかな。

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます ~姫君と黒の貴公子~
[感想] 黒曜の騎士と金の姫




以下、ネタバレ含みまくります。




内容としては、国の発展の歴史上に竜帝というものが存在する世界観の上、主人公ソフィアは幼少時身体が弱く領地の田舎で過ごしたが、今はお転婆と言われるほどの娘に成長、ある時、水質調査で彼女の領地に訪れた男ドラガンと秘密の交流(えろい意味ではないw)を持つことになる。そして、彼に王や王都に対しての憧れ、王の花嫁候補になりたいというような話をする。ドラガンが帰還後、彼女の元に国王の花嫁候補に選ばれたという知らせが届けられる。期待を胸に王都へ赴く彼女は、それよりもドラガンとの再会を望んでいた。彼との再会後、ソフィアは彼への恋心を自覚してしまう。しかし、彼女を花嫁候補に推薦したのは、当のドラガンであり恋を自覚した直後に彼に何も思われてないことが判明し失恋をも経験してしまう。しかし、彼女が王に呼ばれたことで、同じ王の花嫁候補で友人となったグレイスからもよそよそしい態度をとられ、彼女に話しかけようとした結果、事故とはいえ水路に落とされる形になってしまう。それを助けてくれたのはドラガンで、ソフィアは彼に正直な彼女の気持ちを告白し、彼もそれに答えようとしてくれるが……。


その後、ドラガンは寸止めくらいますwwww

多分、凄い、きつい状況です。
挿入直前で我慢しますwwwww 紳士ですなぁw

それと言うのも、ドラガンがソフィアがそういった男女の営みに対しての知識を持っておらず、彼女の自分への好意は男に対してのそれではないと思ったからですがw

彼の正体に関しては、ドラガンという若干ネーミングの安直さから何となく察することができていましたが、どうして王の側近のように行動しているのかとか、この後どう話が展開していくのかは、ラストまであまり読めません。また、どうしてドラガンは寸止めたのかは本編では詳しくは語られてません。番外編で語られてます。
なので、そういった意味では、読み物としては面白かったかな。


目次を見て、他カプの番外編ついてんのかよ、もし、えろ有だと興ざめになるなぁ(えろは無いです)……と最初がっかり気分だったのですが(後述しますが、その他カプヒロインが私から見てビッチだったのでwww)、他カプ話は、当の花嫁を探している王とソフィアが友達になったグレイスの話です。こっちは、一貫して王の視点です。なので、彼とドラガンの会話などから、ドラガンのソフィアへの気持ちが間接的に語られておりそれは凄く良かったかな。

ただ、TLってヒロインあげて何ぼなところがある反面、視点の持ち主がそうではないのは若干もやっとしました。



今回、最後までのえろ描写はラスト一発のみです。

前作が、最初から微えろ風味漂わせていたので、さらさ文庫からジュリエット文庫に移行した結果、えろ多めにしたのかなとは思ったのですが……、そうではなかったみたい。

そのえろ描写もあまり萌えないというか、TLではお馴染みだけど、貫通の痛み直後から快楽に繋がる系でした。


挿絵は、えろがラスト付近しかないせいか、挿絵間隔が狭いwww 池上さんは絵は表紙カラーは見映えすると思うけど、えろ挿絵はうーんて思うことがあるから、個人的には無い方がいいんだけれどもw


何となくだけど、前作は、火崎先生のヒロイン一人称という構成が、世界観もほぼ屋敷の一室でのヒーローとの逢瀬という形だったから閉鎖感やヒロインのヒーローに対しての気持ちや背景からくる思考行動原理が凄くマッチしてたと思ったんだけど、今作はあまりそんな感じはしなかった。

ヒーローヒロインに対して、TLは色々突っ込みどころあるのが普通だけれども、今作もそれはあまり感じないというか、ヒロインに対して不快感が全くないのがでかいなと個人的には思う。

だけど、番外編は約30p付いてるしで、本編が濃くないというか、凄く薄味でさらーっとした印象を持った。
比較的本を読むのが遅い私でも、TLは多少早く読めるけど、それでもいつも以上に早く読み終わった気がする。
あと、登場人物の会話運びとかに若干の不可解さがあって、引っかかる部分があったかな。私が理解力ないだけかもだがw
作者のTL作品しか、しかも3作しか読んでない私が言うのもあれだけど、文章とか描写とか改行頻度とか……突貫工事? 練りこみ度が低くね?と若干雑に感じました。というよりも、余裕があまりなかったのかな?という印象。でも、速筆な作家さんっぽいしな……。

でも、あとがきも広告ページも多かったしなぁ……。

あと、文中描写と絵が若干の相違点有り。ラノベでは珍しくないことだけれどもw
主人公巻き毛→ストレート、王子巻き毛長髪→ストレート短髪ってくらいだが。


まぁ、結論としては、個人的には一度読めば充分って感じだったけど、ヒーローがヒロインを大事にしてる感や、過去2作はヒーローがちょっとヒロインに対して酷いと言われてたりしたのに比べ、今回のドラガンは全くそんなことないです。そういった意味で酷い要素は全く見当たらない。寸止めシーンはある意味双方にとって酷いのかもしれんがw


あ、それと、表紙もカラー扉も綺麗だったんですが、扉でTLにしては珍しく貧乳設定なのかな?とちょっとにやにやしまして、作中でも確定したのですが、作中描写で特にそれが活かされてるわけでもなく、挿絵もそうは思えなかったのがちょっと残念でした。
TLでちっぱい系の描写は少ないから貴重なんだけどなー
でも、男女のことをよくわかってないヒロインの一人称だし、その辺は言及しないのも普通かな?




上記で後述すると言ったビッチの件について。
彼女は、ソフィアと同じ花嫁候補で友人となったグレイスなのですが、彼女の一言で私はビッチ認定しました。
ちなみに、王とグレイスは年の差はあれど、グレイスが幼い頃から知っている関係であり、蓋をあけてしまえば、両想いの関係です。
あくまで事故ですが、ソフィアを水路に落とす形になった彼女ですが、ソフィアがドラガンに助けられ戻った後の彼女の一言。

「あなたが助け出されたと聞いて…、どんな怒りも受ける覚悟でいたわ。あなたの幸福を羨んだ、愚かな私を許して…。今なら心からあなたと陛下の幸福を…」(p180)



ちょ、おまwwwww
ソフィアが戻らなかったら、知らぬ存ぜぬで通すつもりだったんかよwwwwと。
とんだビッチだな、おい!って突っ込みどころがwwww 

ドラガンがソフィアを助けたと言っても、彼の正体からそれは人の目に留まったわけではなく、ソフィアが水路に落ちたところは誰にも見られてないので、完全犯罪を遂行することは出来る。もし、そのままソフィアが助けられず行方不明となっていたら、ソフィアが王の花嫁に選ばれたと誤解したまま、結果的に王の花嫁が消えたことを吉と出たと解釈したのでは……?
こえーよw この子、一歩間違えたら多分ヤンデレルートだよ……。

というか、ヒロインには何の罪もないとはいえ、例の私的判定ビッチキャラであるグレイスが、王にもヒロインにも好感度キャラとして設定されてるのが何だかなぁってところでした。
どうせなら、王のことを純粋に男として愛していて本質は素直だけれど、外面からは想像出来ないようなどろどろとした内面を伺わせるビッチらしいビッチの方が個人的には好感度高かったかなって思う。天然ビッチだから逆に始末に追えないwww

作中での主人公であるソフィアは、いい子いい子ちゃんなので、あくまでグレイスの恋を応援しています。
その点も、脇役なのに持ち上げられてるように感じられて、もやっとしたのもあります。
主人公無双じゃないといけないとは言わないけど、単巻ものだから、いい子キャラが二人もいたら飽和状態になってる気がする。
他TL作品もそうだけど、主人公たちのポジションに近いキャラと結構関わりがあると全体的に散漫な印象を受けるなと思う。


多分、そういうのも考慮すると、ある種の閉鎖世界のような前作は、ヒロインヒーローの気持ちの掘り下げが深く感じられたのかなと思う。ヒロイン一人称という点でも、ヒーローの彼女に対しての想いが感じられて良かったんだよな。
今作もヒーローの心情はヒロイン一人称でも伺えるけれども、そこはあくまでも番外編補足があってこその部分だとも思った。
だけど、人外であるドラガン(作者曰く初恋w)が、自然を愛するソフィアに惹かれたというのは彼の本質が伺えて良かった。王視点の番外でも言われてるけど、ドラガンからしたら胸に裸で飛び込まれたようなもんってのが素敵だ。そして、不器用にソフィアの幸せを願いつつ、誰も望まない方向に話を進ませようとしてるのにちょっとワロタw



しかし、手の平返しもどんだけ早いんだよって感じだが、作者買いも善し悪しかなー
来月ホワイトハートから、同作者さんのTLが出ますが、絵が若干微妙なこともあり、何か気持ちがあまり動かないw
誘惑された花嫁候補 (講談社X文庫ホワイトハート)誘惑された花嫁候補 (講談社X文庫ホワイトハート)
(2013/06/06)
火崎 勇、成瀬 山吹 他

商品詳細を見る



来月はどちらかというと、仁賀奈さんの平安物のが凄く期待度高いかな。
さらっと見た感じ表紙カラーの印象的には綺麗に思うけれども、こっちも絵自体はあまり好みでない。なので、キャラ造形を脳内にインプットしないようにして読みたいと思いますw
雛遊び-ひいなあそび- (シフォン文庫)雛遊び-ひいなあそび- (シフォン文庫)
(2013/06/04)
仁賀奈

商品詳細を見る



好みでない挿絵に関して、黒い折り紙で挿絵カバー作って、読む前に挿絵のところに差し込んでたら挿絵が目に入るの回避出来るんじゃね?なんて思ったりはしたけど、黒折り紙って単品で売ってるんだろうかw? まぁ、折り紙じゃなくても、ただの黒くて薄い紙があればいいだけですがw


とりあえず、今作に関しては、火崎先生の作品だし、えろが濃い方ではないけれども、ヒロインヒーローともに気持ち描写の点で突っ込みどころがありまくるという微妙な要素はないし、さらっと読めるお話でもあるので、そういった意味ではお勧めです。



にしても、竜帝って代替わりとかもしてるらしいけど、どうやってしてるんだろうね?
過去に婚姻関係とかあんのかな?
その辺のファンタジー設定は、過去の神話的な感じで存在するよーってだけだったかな。


竜の国の花嫁 (ジュリエット文庫)竜の国の花嫁 (ジュリエット文庫)
火崎勇 池上紗京

恋する媚薬~春の王子が愛した乙女~ (ジュリエット文庫) 上海恋歌 ―青年貴族は華を奪う― (プリエール文庫) 贅沢な寵愛: 淫らなウェディングベル (ティアラ文庫) ロイヤル・スウィート・クルーズ (ティアラ文庫) 灼熱の千夜一夜  黒皇太子と蜜色の乙女 (プリエール文庫)

by G-Tools

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学

[小説] 白竜の花嫁4 朽ちゆく竜と幸いなるもの 著:永野水貴

 まばゆいばかりの金髪に覆われた頭は、花嫁の胸に柔らかく抱かれていた。
 驚きに琥珀色の目を見開く夫とは裏腹に、澄白は奇妙な――納得、とも言うべき感情が自分にわくのを感じた。
 そうだ――これでいい。シュトラールに抱きしめてもらうのではなくて、自分が彼を抱きしめたい。

(白竜の花嫁4 朽ちゆく竜と幸いなるもの)


白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)
(2013/03/19)
永野 水貴
★★★★★
商品詳細を見る


[感想] 白竜の花嫁1~3 著:永野水貴

やばい、最後の引きでキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
って感じになった。


いつも挿絵を先に見ちゃって内容予想を脳内で無意識展開してたりする悪癖があるんだけれども、今回挿絵は先見は回避した。それほどまでに、一番新鮮な気持ちで作品を読みたいと思うほどには今作の魅力にやられました。

3巻までの感想で、ちゅー禁止令がいつ決壊するのかwwwとか笑ってにやにや出来る状況じゃなくなったw
1、2巻のが表面的にはらぶらぶ度高いけど、精神的な距離が縮まるに連れ、読者から見た二人のらぶ要素は遠ざかっていってるのが良い。


あと、再会まだだけど、ヴェルミリオンさんレギュラーキャラで安心しましたw
彼には今後も当て馬として頑張って欲しい。


中盤は読んでて、ああどんどん逆ハー的な展開になってきてるなぁ、王道、熱血、甘め、辛めと無難に揃ってるなぁと思いつつも、主人公への好感度が高いからか、嫌悪感はなかった。
そして、ここも予想通りというか、シュトラールの≪永久≫問題と澄白の形だけの花嫁という立場をぐちぐち悩む展開になるんだろうなぁとも思っていたけど、主人公が可愛らしく少女小説のヒロインらしく焼きもち焼いたりするけれど、内面では感情的でも最終的にはそれを表に出してないのが好感持てた。


私、とにかく、ヒロインがこれでもかこれでもかってほど辛い思いをする少女小説が大好きです。
マジで、大好きです。
久しぶりに読みながら心臓痛くなり申した。

どんどん、表に出せないで内側に溜め込んでいく澄白が可愛くて可愛くて。


なんつーか、この作品では不思議と私の暗黒面が出てくるというか、シュトラールと生き別れBADEND、そして再会出来ないままシュトラールが悔いるというのも見てみたいとか思ってしまったw
まぁ、基本的にはハッピーエンド至上主義です。でも、こう思えるってことは、凄く乙女ゲー向きな作品だなと思います。うーん、何か勿論メインヒーローはシュトラールだけど、サグル・アーセファさんが本気になるところは見てみたいwww ヴェルミリオンは素敵当て馬臭が明らかに漂っております。
なので、そういった意味では前回でも言ったけど、華鬼っぽいなぁっと。内容としては全然違うけど、私的な主人公カプ好感度はこっちのが上だけどね。



そして、ラストの展開だけど、まさかまさかな感じでした。
澄白、きついな、これは。
泣いたとは言えないけど、うるっとは来た。
最後の一言が、ただ澄白を遠ざけるためにいったのか、本心から望んでるのか、描写から曖昧だなって思った。こんなこと言われたら、一般的な視点で見ると自分には出来ないって踵を返す選択にも行きそうだし、かといって、状況から見て本心からそう望んでいるとも納得いきます。まぁ、後者だろうけどw

読者としては読んでて、アメテュストは死んだ存在で死人には適わない、思い出美化されるとかが、少女漫画等での常套句ですが、主人公からしてみればリアルタイムでの当て馬はいないよなwwwと表面的に見れば一人勝ちだったりするわけですが……

裏切られました、いい意味で。

これを越えることによって、澄白は逆にシュトラールの≪永久≫になんてなれない、思うことすら自己嫌悪に繋がりそう。それに、竜3人にこのことは逆に告げれなさそうだとも思う。彼らの気持ちを慮ると、告げることすらきつい。もし白澄が行動を起こした場合、その事を自分一人の胸に秘めて、ザフィアの言もあることから、シュトラールの元は離れそうだなと思う。
まぁ、そんなこんなで離れた後に再会しても、澄白はかたくなになりそうだけど、そうなった場合、今後のシュトラールさんのアプローチ具合がとても楽しみなところです。まぁ、一旦離れてしまえば、シュトラールさんもその辺自覚するんだろうけどね。

そうはなくても、その後一人で抱え込もうとした澄白の様子を訝しんだシュトラールさん(ザフィアさんでも可)が彼女の苦しみも悲しみも分かち合いたいと思った結果、≪石≫を取られて、内面ただ漏れになってばれちゃうとかねwwww


個人的には、久しぶりにカプ萌えよりもストーリー萌えが上回った少女小説なので、暫く……2、3冊くらいは澄白とシュトラールさんは別れ別れでも全然構わないくらいだw 少なくとも1巻以上は別離して欲しいところ。作中時間で少なくとも1年以上は別離展開でも構わない。

この作品のいいなと思うところは、適度ににやにや展開なシーンも作内に散りばめられてるところだと思うけれど、ストーリー萌えにシフトした私としては、暫くはにやにやなくても全然耐えられる! 寧ろ、その焦らせプレイに狂喜乱舞。




うん、4巻で化けた、と個人的には思います。
なので、もしこんな辺境ブログのきもい感想を読んで興味を持たれた方は、途中微妙に思ったとしても4巻最後まで読んで欲しい。まぁ、でも個人の好みによるから、私は保証せんけどw
ただ、確実に言えることは、もし私が読み始めた時に3巻までしか出てなかったとしたら、ここまで続きを切望する気持ちは生まれてなかったと思う。もし、1巻刊行時だとしたら、続編出てることに気づいてたかどうかwww もしかしたら、単巻物だと思って一度読んだらいっかーって感じで既に売却ボックスに入れてたかもしれんw


3巻までは、普通に一気読みするくらいには面白いとは思ってたけど、とりあえずらぶ展開ににやにやしてた感があった。でも、4巻ラストでマジでキタ――(゚∀゚)――!!と私の鬼畜心を呼び覚まされましたよ。
ヒロインはこれでもかってほど辛い辛い目にあってほしい、読者としての私は間違いなくSです。いや、話の受け手と捉えたらMなのかw?


本当に久しぶりに、少女小説としての楽しみを味わった感があります。

少女小説で、続きが待ち遠しいって思うの本当に久しぶり。結構色々この間手はつけているけど、途中放棄も多いんだよね。って言っても、死神姫、聖鐘の乙女、仮花嫁くらいだけどw そして気にいった作品は打ち切られるという罠orz



とりあえず、もし、離別展開あれば、サグル・アーセファさんマジでメインヒーローでいいじゃんwwwって思うくらいの展開があればいいなって思う。
まぁ、そこでヒロインふらふらしちゃったら、アウトですがw



続刊気になるなー

つか、殆どサブタイ気にとめてなかったけど、微妙にネタバレだねw



そんなこんなで、久しぶりに続きが待ち遠しいです。
しかし、アイリス6月刊で作者の作品出るみたいだけど、新作っぽい?
今のところ、この作品は5ヶ月もしくは8ヶ月スパンで出てるみたいだけど、6月から数えて半年だと、待ち長過ぎるwww
まぁ、今年は、6月末に十二国記新刊出るし、他にも楽しみにしてるのあるし、積んでるのも盛り沢山だから読み物には全然困らないと思いますがねwww




白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)
永野 水貴 薄葉 カゲロー

銀狼王の求婚 かりそめの蜜月 シリーズ3 (一迅社文庫アイリス) ひねくれ宰相とエルフの姫君―恋をしたまえ、この僕に。 (一迅社文庫アイリス) 恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無 (一迅社文庫アイリス) 白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス) 女神と棺の手帳  星空に誓う再会 (角川ビーンズ文庫)

by G-Tools



テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学

[画集] ドラゴンボール超画集 著:鳥山明

DRAGON BALL 超画集 (愛蔵版コミックス)DRAGON BALL 超画集 (愛蔵版コミックス)
(2013/05/09)
鳥山 明

商品詳細を見る


衝動的に買ってしまった……

ざっと見たが、凄く良かった……


実は、大全集全7巻を何年か前に買ったまま積んだままなのに、まぁいっかと超全集も全巻購入してしまってるw
ドラゴンボール連載時と違って自由になるお金があるというのいけませんねw
ドラゴンボール超全集 1 STORY&WORLD GUIDE (愛蔵版コミックス)ドラゴンボール超全集 2 ANIMATION GUIDE PART1 (愛蔵版コミックス)ドラゴンボール超全集 3 ANIMATION GUIDE PART2 (愛蔵版コミックス)ドラゴンボール超全集 4 超事典 (愛蔵版コミックス)


読まずに積んでる状況ではあるけど、連動応募とかあったら期限逃したら嫌だなぁと超全集4巻の帯見て、この超画集のことを知った。
初版入手のために、慌てて注文したwww Amazonでは既に狩られてますね、私はhontoで購入しました。


1984~2013年のドラゴンボールのイラスト盛り沢山です。


ドラゴンボールの画集は過去の物は全部持ってます。
それらに比べたら、大きさ的には小さいし、これに膨大な量が収録されているので、1点1点の大きさは確かに小さいかなぁっと思うのもあり、ああ、これは大きいので収録して欲しかった!って思うのもあるんだけど、個人的にはドラゴンボールの絵ってシンプルさも味のひとつで大画面で細部まで細かく見たいって感じも少ないので、比較的満足。コミックスの表紙等は小さめな収録です。

めっちゃ小さいですが、歴代ジャンプ表紙も収録されてます。
あと、DVD-BOXなどの鳥山先生のコメント等も入ってます。


凄くよいなって思ったのが、ドラゴンボール終了後のイラストが多数収録されていること。
その辺は既存の画集にも収録されてない。GTイメージイラストってあまり見たことなかった。

私がドラゴンボールをリアルタイムで読み始めたのって、ブウ戦も終わりがけの頃だったし、小学生だったしネット環境があるわけでもないので、そういった意味での情報だったり、新規イラストを見る機会ってなかったように思う。

ぶっちゃけ、絵的には連載時のが魅力的には思いますが、今年公開された神と神のイラストとかも入ってて、このお値段で、この29年のドラゴンボールのイラストが楽しめるのはでかいと思います。
出来れば、もっと大きかったら満足度高かったように思うけどw



あと、箱に入ってて、中の画集の表紙が、ドラゴンボールの始まりから終わりを凝縮したようなデザインで素敵です。箱も画集の表紙も新規書き下ろしでないのが有難いw 箱の表紙もめっちゃかっこいい!!

というか、画集表紙の連載最終話の老けた悟空の横顔とチビ悟空とブルマの初対面時のイラスト、普通に大好きなんです。
ああ、長かったドラゴンボールもこれで終わりなのかという感慨もありまして。
って、長いって言っても、全42巻って今のジャンプ長期連載作品と比べたらそんなにそんなにないイメージもありますがw




やっぱり、ドラゴンボール大好きですわ。



DRAGON BALL 超画集 (愛蔵版コミックス)DRAGON BALL 超画集 (愛蔵版コミックス)
鳥山 明

ドラゴンボール超全集 4 超事典 (愛蔵版コミックス) ドラゴンボール超全集 3 ANIMATION GUIDE PART2 (愛蔵版コミックス) ドラゴンボール超全集 2 ANIMATION GUIDE PART1 (愛蔵版コミックス) ドラゴンボール超全集 1 STORY&WORLD GUIDE (愛蔵版コミックス) 劇場版 DRAGON BALL Z (ドラゴンボールゼット) 神と神 2013年 4/30号 [雑誌]

by G-Tools


テーマ : 感想    ジャンル : アニメ・コミック

[小説] 白竜の花嫁1~3 著:永野水貴

「人の目には、この色が不吉と映るのか」
 あ、と澄白はかすかな声をもらした。
 誰も直視しようとしなかった目。直視することを許されなかった目。辰彌と詞菜でさえそうしなかった目。
 なのに――琥珀色の、太陽のような瞳の中に、自分の小さな全身が映っている。
「私には、命の色に見える。燃えさかる炎の色だ」

(白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者 p149)


白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者
白竜の花嫁2 異邦の騎士と銀翼の黒竜
白竜の花嫁3 隻眼の黒竜と永遠を望むもの


「白竜の花嫁」1~3巻まで読みました。
4巻は注文後配送中で届くのは明日、オンラインで頼んでなかったら本屋に出かけて今すぐ4巻が読めるのに!というもどかしさを絶賛堪能中です。

何でこれを読もうかと思った切欠は既に忘れたというか衝動的なものというか、つい最近のことなのに既に覚えてませんw イラストが好みというわけでもないので、Amazonで関連書籍とかで出てきたんでしょう、多分。

最近、新しく読んだ少女小説(TL含まずw)のシリーズでは久しぶりに面白いと思いました。
というか、ページをめくる手がとまらねぇwwと寝る間を惜しんで読んだのは久しぶりです。


内容はというと、人外+人間の恋物語でしょうか?

竜を神とあがめる世界で、忌み姫と呼ばれる澄白は空に住む白竜シュトラールの元に、生贄として嫁ぐことになる。
それは、体のよい厄介払いのようなもので、しかし、澄白には幼馴染の婚約者がおり、彼の元へ帰るために兄の言葉を受け、夫となる竜を殺し元の世界に戻ろうとする。
竜の目的は人間である彼女の目を通し、地上にある探し物をするためで、地上探索中、幼馴染である自分の婚約者ともう一人の幼馴染が祝言をあげているのを目にしてしまう。
元の世界に戻る希望も失くし、人の世界で自分は存在してないものと捉えられ忘れ去れて行くと感じる澄白。
しかし、契約のため結ばれた結婚だとは言え、見たくないものを見てしまい心を閉ざす澄白は、理知的で優しく迎えられた竜の世界で、夫を殺す道は選べず兄の元に戻るが、兄の本当の目的を知り、彼女自身も竜を殺すために呑んだ毒により未来を絶たれる状況に陥ってしまうけれども、竜の力で一命を取り留める。

と、これがざっと1巻の粗筋ではある。
とりあえず、幼馴染クズ過ぎんだろwwwww まぁ、序盤数ページで、あ、こいつら幼馴染二人が実は想いあってるパターンじゃんwwwってのはわかりやすく読み取れます。
まだ、幼馴染の男の方は周りの言葉を破ることは出来ず、澄白に対して想っていたことを言えなかったというのが伺えるけれども、女の方は今まで仲いいふりしてとんだビッチwww 澄白いなくなったのをいいことにちゃっかり結婚しちゃったね感がぬぐえませんでした。
というか、人の世界では、澄白の毒がシュトラールにより浄化された後、幼馴染の男は竜が彼女を連れ去る様まで見てるってことなのかな? 人には跡形も残らんかったと言ってるけど、彼女に対しての想いはどうあれ、大切な人を目の前で奪われ、彼の心にしこりを残した感があって個人的な溜飲が下がらなくもないw 出来れば、昼ドラ化はないと思うけど、再会とかあって欲しいと思ってしまう。一応、3巻の時点でも澄白は彼らのことは忘れてないw


まぁ、当て馬ポジ的には2巻で出てくるヴェルミリオンとサルグ・アーセファであればいいと思ってしまう。
ヴェルミリオン、再登場あるよね? 2巻表紙飾ってるくらいだしさ!
というか、うん、当て馬的には対人間のがシュトラール煽れてる感じがしてね!


1巻時点では、絶対的強者が弱者に対して保護するようなシュトラールと澄白の関係が伺えるけど、シュトラール視点はあまりないため、というか何考えてんのかよくわからんw
彼の養い子であるヘルツの母親が人間の男と≪永久≫という関係になったことで、人間に対して興味を持ったという竜です。

でも2巻では結構彼視点はあるし、明らかに澄白の保護者じゃなく、独占欲みたいなもん出してきてるw
ただ、竜という生き物であり人間の愛というものがよく理解できないない模様。しかし、彼が澄白に対してむき出してるわけわかってない感情は恋の前兆だよ!ってもんで……興味があるから彼女にボディタッチしまくるw
竜としては、興味対象に触れるのが普通なのもあって、澄白も彼の行動にはどぎまぎしてしまうけれども、それは自分がそういう対象でないからと自分に言い聞かせたりw
しかも、美味しい設定が、栄養摂取は経口摂取だというwww 勿論、澄白は逃げますがw
そんな二人のもどかしさが可愛い作品です。

その上、ちょっとした傷なら竜が舐めるだけで、簡単に治癒できちゃう設定もあり、竜本人は回復力は高いけど自分の傷は無理とのこと。つまり、澄白が怪我したら、舐め舐めイベント(えろ思考にいく自分が恨めしい)、あと逆に看病イベントも容易いよね! 絶対に、澄白は狼狽するんだろうけど、シュトラールにとってはえろ思考化ではなく、ただの善意と心配以外のナニモノでもないというwww


でも、それ以上に、作品世界観の設定がオリジナリティ溢れるようなファンタジー設定。
情景描写とかちょっと十二国記思い出した。
こっち方面のラノベとか読んでるとそういった世界観設定って結構すんなり入ってくる感じというか、ふーんって流せるんだけど、今作はいい意味で関心するような設定が心地良いです。
ぶっちゃけ、空に岩浮いてるとかいう設定だったり、澄白は2巻で結構高所から落ちてますが、いくら竜に受け止められたところで衝撃半端なくね?とか色々現時的な突っ込みどころはありますがw

あと、ちょうどよくラブ比率が高いのがいいかなー
ただ、作品世界観にしては、いきなり甘々ないちゃらぶ展開が出てきて唐突に思ったりはするけれどもw
それ以外は、結構シリアスでバトル有です。


1巻読んだ後は、澄白のバックグラウンドや彼女が身体に入れた毒とか全て解決してるし、今後彼女方面でのシリアス展開ってそこまでなさそうだなぁと思ってましたが、他の竜族とか、≪外≫の世界だとか出てきて、凄く世界観が広いです。
最近のラノベって1点集中的であまり世界観の広大さを思わせるのって少ないから、そういった意味では個人的には世界観自体が好み。



ただ、思うのが、既に竜と人間の間に生まれた子供の存在とか、3巻で竜と人間の永久関係を結んだカップルが出てきたりしてるので、主人公側から見ると、既に前例があるので、今後のシュトラールと澄白の関係に対して、彼ら以上の描写がどうなされるのか気になるところ。
勿論関係性にそれ以上それ以下はないけど、少女小説読者としては、主人公カプに不可侵性を求めたい!

人外+人間カプということで、華鬼思い出したけど、それに出てくる主人公カプもサイドカプの方が愛情の深さ的には上じゃね?って思うところがあって、完璧に好きにはなれなかったんあよなー まぁ、あれの場合、結果論的にはベストカプではあるんだけど、本能的に見ればやっぱりサイドカプのが軍牌あがっちゃうように思えましたしorz


それと、シュトラールと澄白は夫婦関係ではあるものの、竜には≪永久≫と呼ばれる長い生涯を一緒に過ごす相手の存在を作中で示されてるけれども、シュトラールも澄白も自分たちがその関係ではないという。
澄白にしてみれば、既に、彼を殺そうとしたのに傍に置いてもらえて多大な感謝をいただいてることもあり、シュトラールの≪永久≫に関しては自分は関係ないと言い聞かせてますが、そこは既に恋する乙女的でwww
つか、読者からしてみれば、シュトラールの澄白に向ける感情は≪永久≫へのそれだろう!って感じですが、彼わかってないのでw


そんな感じでもどかしい二人です。

流石にこの状態が今後ずーっと続くのはしんどいので、ある程度すぱっとして欲しいw
それには、ヴェルミリオンさんの再登場を!
是非にシュトラールの内面をぐっちゃぐちゃして欲しいです。人間同士だからこそある仲間意識とかもあるし、どうしようもない壁に竜が苦しむのもあり! まぁ、逆もまた然りだろうけどw

ただ、逆ハー展開は微妙なので……というか、アイリス=逆ハー系というイメージが若干無きにしも非ずw

あと、澄白の母の出身一族とかも出てきて欲しい。


実は1巻読んだ時点では気づいてなかったんだけど、この作者さんのサイトで2作ほど読んだことあったw
完結作品も多いし、そういった意味では完結まで導ける作者さんであると思うので期待してます。まぁ、大人の事情があるとしょうがないけど、アイリスでは既に売れ線になってるみたいだし、そういった意味では安全圏内だと思うのが有難いところ。前珠みたいな作品放置はなさそうです。
4巻は明日読めるとして、多分5巻出るのは9月くらいだろうなー 半年スパンで刊行されてるみたいだし。
何か年1刊行の漫画とか小説とか普通なのに、半年とか待ち長いです。



久しぶりに、読んで即売りたいと思わない作品でした。

ファンタジーな世界観もしっかりしてるし、らぶ描写もちょうどよくて、適度ににやにやさせてくださいます。
もっと、シュトラール紋々しろ!

3巻序盤で、ちゅー禁止令出ましたが、4巻で決壊してたらいいよね!なんてちょっと思ってますw 
もうちょっと我慢してくれてもその後の爆発具合がにやにや度高そうだから、どっちにしても美味しいけど!
二次元において、おあずけ展開はその期間が長いほど、その後の報復が酷いと思います!



白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)
永野 水貴 薄葉 カゲロー

白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜 (一迅社文庫アイリス) 白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス) 白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの(仮) (一迅社文庫アイリス) 恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無 (一迅社文庫アイリス) ハーレム・ロマンス―迷宮殿の囚われ花嫁 (マリーローズ文庫)

by G-Tools


テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学

[小説] 金星特急7(完) 著:嬉野君


金星特急 (7) (ウィングス文庫)金星特急 (7) (ウィングス文庫)
(2012/12/08)
嬉野 君
★★★★★
商品詳細を見る



少し前に読み終わって、レビュー書こうと思いながら積んでた、金星特急最終巻。
というか、これのレビュー自体、さぼってたんだけどねw
[感想] 金星特急1~3
[感想] 金星特急4

とりあえず、最終巻は凄く良かった……ってのに、購入してから数ヶ月放置プレイしたりしつつ読了しましたw

久しぶりに小説読みながら泣いた。
ラストの方の錆丸と金星がマジせつな過ぎる。


ラストは、全員が全員とは言わないけれど、幸せになってるのが良かった。
1巻から、金星の無慈悲ぶりにヒロインとしてどうなの?って思う部分もご都合なところはあれどもすっきりと解決してるのが良かったかな。

個人的には、ヒロインが聖女っぷりを発揮してないと好ましく思えないとまでは言わないけど、ちょっと金星のやり方と作中での金星特急へ関わった人間のキャラ退場っぷりがヒロインとしてやりすぎじゃね?と思わなくもなかったので、金星が消滅することによって、その辺が元通りになってるのも良かった。

というか、以前に金星特急のレビュー書いたときにも書いてたんだけど、本当に減点方式で★をつけるとすると、減点できる要素がなくて、あまり突っ込みどころがないせいか、レビュー書くことが少なくなってしまいます。


砂鉄とユースタスのこれからの未来を感じられる継続した関係性も良いし、自らを手放すことしか出来なかった彗星も良いし、知的欲求を満たした結果笑顔で連れて行かれたアルベルトもよいし、彼の意思を次いで世界語に言及していくハハリ・ジュニアとヴィットリアも彼らでしか導けない方向に持っていってるのも良かった。

ただただ、金星が錆丸と過ごした幼少期の彼の一言により、彼を英雄とせんがため、死ににくい身体を与えて結果的に錆丸を英雄としてるというのも切なかった。

金星特急に巻き込まれた登場人物全員が全員、それぞれの役割を持っていたのがまた何とも言えない。


というか、やっぱりカプ萌という観点では、錆丸と金星って萌えきれない部分もあったし、その点は砂鉄とユースタスがやばすぎたってのもあるんだけど、だからこそ、最後に金星がいなくなるというラストが凄く個人的には好ましく思えた。だけれど、それだけじゃ、主人公に対して余りにも救いがなさ過ぎるから、忘れ形見というような形で残ってて、ある意味錆丸への救いとなってるのがいいなと思う。

色々やらかした金星が報いを受けなければならない、そういうことをやらかして、最終的にただ幸せになるというのだとしたら、やはり私から見ればもやっとするものがあったと思う。
だから、こういった終わり方をした金星特急は、そういった意味では凄く読了感が良くて、最後まで読んでよかったと手放しで思える作品でした。


少女小説としてこの作品は多少種類は違うかもしれないけど、ある意味少女小説の完成系って、主人公の二世代目が出来てるエンディングって思わなくもないんだよね。結婚エンドだけよりも、満足感が凄くある。


しかも、作品後半から錆丸の生い立ちを徐々に出してきてて、彼と養父母の関係性とかが明るみになって、ラストで彼らとの再会、子供を持たなかった養父母に対して名づけ親にってところは、もうマジで涙腺刺激されました。
ラストのラストで親子ネタ持ってこられるとか反則過ぎるわ。


って、殆どラストのネタバレしか語ってねぇな、自分。



まぁ、結論を言ってしまえば、レビューなんか読まずに読んでみた方が面白いよ!と、お勧め出来る作品です。


番外編とか載ってる、画集が出てる模様。番外は気になるけど、イラスト的にはそこまで思い入れはなかったもんで、とりあえず保留中。
高山しのぶ「金星特急」画集高山しのぶ「金星特急」画集
(2013/03/23)
高山 しのぶ、嬉野 君 他

商品詳細を見る



最終巻のあとがきによると、もう1冊短編集的な外伝が出る模様。


金星特急 (1) (ウィングス文庫)金星特急 (1) (ウィングス文庫)
嬉野 君 高山 しのぶ

金星特急 (2) (ウィングス文庫) 金星特急 3 (ウィングス文庫) 金星特急 (4) (ウィングス文庫) 金星特急 5 (ウィングス文庫) 金星特急 (7) (ウィングス文庫)

by G-Tools


テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学

« »

05 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。