[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画] 涙雨とセレナーデ1 著:河内遙

4063773280 涙雨とセレナーデ(1) (KCデラックス Kiss)
 河内 遙
 講談社 2015-10-13

 by G-Tools


タイムスリップ物です。

異世界漂流とかタイムスリップとかって、始まりの主人公のあたふた感とか辿りついた先での交流とか、ネタとしては大好きなんですが結構ラストにもやっとするものが多く、ラストがわからないと読むのに躊躇うネタでもあったりします。

最近のライトノベルとか、ゲームの世界や異世界に迷い込んだりするものが多くありますが、そういった漂流ものって漂流先での人間関係や恋に最終的にどう折り合いをつけるのかって点が最終的な大きなポイントだと思います。そして納得いくラストっていうのが結構稀っていうか……。
異世界をとると、現実世界の家族や友人たちはどうでもいいのかと主人公が薄情に見えますし(だからこそ、友達親族いないぼっち設定だったり、過去にしがらみのない『転生』設定が増えてきたのでしょうが……)、かと言って現実世界をとると今まで描写された漂流先の交流が切なさとおりこして虚しくなって、割いた時間返せなんて思ったりします。
ご都合主義ではありますが、「魔法騎士レイアース」はうまいこと収集つけたなと思った作品です。あとは、「彼方から」や「漂流教室」なんかも元の自分の世界と決別して、今いる世界で生きていくって流れがきちんと描かれていたと思います。


この「涙雨とセレナーデ」は、過去――明治40年にタイムスリップするお話です。
そして、主人公は小さい頃に一度、自覚はないながらに同場所へタイムスリップをしています。

主人公陽菜は、同じ剣道部の先輩に憧れを抱いているようなごく普通の女子高生。
そんな彼女が、曾祖母から送られたネックレスを、祖母が入院したがために願掛けとして身に着けたことによりお話は動きます。

キーとなるのは、「曾祖母のネックレス」「お天気雨」。
あとは、多分「音楽」もキーになってるんじゃないかなぁ?

彼女が小さい頃、一度タイムスリップしていたときも同じ状況で、そのときネックレスについていた雫形のガラス飾りは三つあったのですが、二度目のタイムスリップでは二つになっています。
なので、タイムスリップ毎に飾りは消費されるものと思えます。そして、きっと陽菜は一度現代軸に帰るんだろうなと。
そして、最後の一粒になったとき、彼女はどういう選択をするのか――?

陽菜は一度目のタイムスリップで会った男の子「たーくん」と、二度目でも出会います。というか、タイムスリップした彼女の第一発見者が二回とも、たーくんこと本郷孝章様です。

孝章に保護(?)された陽菜は北峯伯爵家に送り届けられるわけですが、それは陽菜のことを北峯家令嬢の雛子と思ったからで、夢だとばかり思っていた陽菜はそこで、自分と顔も名前もそっくりな雛子と出会うことになります。

この孝章は、雛子の婚約者なのですが、妾の息子で、本妻の子が病弱なためにスペアとして引き取られたという生い立ちだけれども、雛子には恋心を抱いていて彼自身は結婚を望んでいたりします。でも、孝章の方が身分が低いために彼は強行できるような立場ではないみたいです。

ただ、この孝章の恋心というのが、元々ヒナに対して特別な感情を持っていたことから、小さい頃に出会った陽菜に対してなのか、顔合わせのときに再会した雛子に一目惚れから恋心に変化したのかはイマイチはっきりしません。
話の流れ的に、また少女漫画的には陽菜と出会った過去があるからこそと思いますが、何歳か年の差あるんでしょうけれど、いくらいい思い出だとはいえ、正直そんな幼女に恋するかな? とも思ってしまいますw
彼にとって小さい頃に陽菜と遊んだ記憶は大切な思い出のようで、ヒナとはずっと再会したいと思っていたのに、お互い成長して顔合わせで再会したというのに、雛子は全力拒否の姿勢。家同士の婚姻であって、自分には自由らしい自由はなくとも、好きな相手を妻に望める立場を持っているというのに、その相手の態度は頑なだという。


生い立ちも気の毒ながら、小さい頃の思い出を胸に再会したというのに、本郷孝章氏、非常に切ないですw



そんな孝章の本心など知らない雛子とそっくりな陽菜は、彼女と入れ替わりをしたりするわけですが、孝章に自分が落としたネックレスについて尋ねたとき、どうやら孝明はそのネックレスの送り主を雛子が想いを寄せる男とでも思ったのか、ネックレスを返そうと胸ポケットに手を突っ込んだというのに、直前に好きな相手(雛子)から破談を申し入れて欲しいなんて言われたこともあり、ネックレスなど知らないとしらばっくれますw
うん、こういうクール男子の嫉妬からくるいじわるには萌えます。陽菜にとってはいい迷惑ですがw


そして、雛子ですが、こちらは深窓の令嬢といった感じで、お屋敷に来る書生さんに密かな恋心を抱いている様子。
うーん、雛子とその書生武虎が駆け落ちして、陽菜が雛子ポジションに収まったりするのでしょうか……?


陽菜にネックレスを渡した曾祖母が実は雛子説も考えたのですが、陽菜は昭和後半とかでなく普通に現代軸の人間なので、彼女の曾祖母が明治25年頃の生まれってのはまずないんじゃないかなって思います。陽菜が小さい頃で、余裕で100歳超える計算になりますw まぁ、年齢的に曾祖母=雛子というのも絶対ありえないとは言えませんがね。

陽菜と雛子がそっくりなのはただの偶然なのか、それとも血縁があるからなのか――
私の予想では、多分陽菜は一度は現代軸に戻ると思うので、そのときに過去を調べたりするのでしょうか?


現在のところ、タイムスリップした陽菜は雛子の助けを借りて、とりあえず生活をしているといったところ。

5話で孝章から雛子に対する告白を受けてしまい、孝章が好きなのは雛子だと、彼に惹かれつつあるかもしれない陽菜にはちょっと切ない展開ではあります。
蓋を開ければ、ただの両片思いなのにな! って、陽菜、先輩はどうしたw



にしても、

「もし僕がはじめから、初めてお会いした時から、貴方をお慕い申し上げておりました事をお伝えできていたら、何かが違っていたのでしょうか」

と陽菜に告げる孝章さんがかっこよくてかっこよくて――彼の気持ちがわかるだけに切ないのです。
それ、雛子に対してじゃないから! 陽菜本人に対してだから!
彼にとって初めての雛子との邂逅は、子供の頃ってことでしょうから!



コミックス1巻には5話まで収録されており、現在6話までお話は進んでいます。
連載が二月1回の掲載のようで、かなりもどかしいのですが、孝章が、雛子と陽菜という人間が二人いると知ったときどんな反応をするかがとても楽しみです。

でも、雛子と陽菜、彼女たちの入れ替わりによる自分への態度の違いから一番振り回されているのは、この孝章でしょうから、気の毒なことこの上ないですw


このお話の終着点が、どこにあるのかまだまだわかりませんが、なぜか作中のしっとりとした雰囲気がとても好みで、タイムスリップ先の人間と別れるEDでもいいかも…と思えたこともあり、単行本を購入した次第であります。
別れるEDでもいいと思えたけれども、やはりハッピーエンド至上主義な私としては幸せな終わり方をして欲しいなと思う気持ちはあります。けれど、タイトルの「涙雨」って結構不穏というか悲恋要素滲み出てるよなぁ……。

正直言うと、こういった線の作風はそこまで好みではないんですけど、それでも中古待ちせずに衝動的に購入してしまったってのがポイントなのであります。あと、陽菜と雛子のかき分けうまいなーって思います。陽菜のが雛子より眉が太めで凜々しい感じだなと。ぱっと見は、ベタ頭かトーン頭かで読者には判別可能ですがw



うーん、7話は11月25日発売号か……先が長い……



涙雨とセレナーデ(1) (KCデラックス Kiss)涙雨とセレナーデ(1) (KCデラックス Kiss)
河内 遙

リクエストをよろしく 1 (フィールコミックスFCswing) 逃げるは恥だが役に立つ(6) (KC KISS) あなたのことはそれほど 3 (フィールコミックス) おんなのいえ(6) (KCデラックス BE LOVE) ヤマシタトモコのおまけ本: フィールコミックス FC SWING

by G-Tools


スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想    ジャンル : アニメ・コミック

[小説] 隠れ姫いろがたり -紅紅葉- 著:深山くのえ

「あっ、いけない。褒めるときは控えめに、でしたよね。高倉に教わっていたのに」
 できれば歌で、とも言われていたが、まだ難しい。
「……別に、そういうことは気にしなくていい」
「え?」
 純子が首を傾げて理登の顔を覗きこむと、理登は下を向き、視線を純子から背けた。
「好きなように話せばいい。……悪いことを言っているわけではないのだから」

(隠れ姫いろがたり -紅紅葉- p72)


隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫)
隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫) 深山 くのえ あき

 小学館 2015-08-26
 売り上げランキング : 20389

 Amazonで詳しく見る
by G-Tools




深山くのえ先生の作品を読むのはこれで2作目です。
以前、感想を書いた「桜嵐恋絵巻」以来です。
桜嵐は、平安を舞台にした、しっとりした雰囲気のお話で、文章も読みやすく一気に読んだ覚えがあります。が、まぁ、過去に書いたとおり、少し引いて見てみるとなぜかヒロインヒーローに対して個人的にもやっとするものが残る作品でもありました。

この度、ふと普通の少女小説が読みたいなと思ったかは記憶が定かではありませんが、今回の隠れ姫、イラストはあくの強くないあきさん、何かあらすじに惹かれるものがある、深山さんの平安もの――ということで、数日悩んだ後読むことにしました。

結果、久しぶりに少女小説を読んで当たりだったなぁっと。
次巻が楽しみであります。
だいたい4ヶ月スパンで出されてるみたいなので、12月かな?



今回のお話は、十二年前に行方不明になった帝の娘、純子が主人公です。
そしてお相手は、先々代の帝の皇子である兵部卿宮、理登。
外で育った純子の教育係として、帝に彼が遣わせられ二人は出会います。

けれども、その期間は一月と短い間でしかなく、純子は母親のいる宮中に戻されてしまう。
そして、戻ったはいいけれども、双子の兄はうざいし、周りの女房たちとは価値観違うし、環境の変化から再度悪夢は見はじめるしで、会えなくなってしまった理登に会いたい想いを募らせる。
理登も純子に会えなくなり何も出来ない自分に悶々とした日々を過ごしていたけれども、自分の持てる力を使って、純子に会おうとし、また彼の友人である藤原直輔の気回しにより、二人は再会しお互いの想いを確かめあう――というのが、大筋。


この巻のみでは、そんなに大きな動きはないし、誰が三歳だった純子を親元から離したのかとかも分からない状態です。

ただ、びっくりしたのが……

この巻で、後朝の文までいってしまってることです。

私、古典とか興味ないから平安風俗なんて本当に無知です。
恋嵐を読んだとき、思わせぶりなシーンあるけれど、昔の人だから貞操観念高そうだしやってねーのかな? なんて思ってたくらいで、妊娠ってのが出て、ああ今まで思わせぶりだったところ全部そういうことなのかと納得したくらいです。
キリスト教が入る前の日本は奔放だったようで、女性の貞操観念は低いというか、よく言えば、とにかく全身で恋を楽しんでたんだろうなといいますか……。そして、恋が終わると次へ行くのも早かったとか何とか。田舎とかだと昭和の時代まで通い婚とかあったらしいです。なかなか面白いもんです。


話はそれましたが、恋と自覚していなかった十五歳のヒロインが己の恋を自覚してすぐ、二十代前半のヒーローと一気にそういうところまでいってしまったわけです。
純子の朝の様子からも、この時代の女性の性への受け止め方がわかるものがありました。



にしても、何が良かったって、理登の三つの質問ですよw

純子が自分を慕ってくれているのは、男ではなく兄としてではないのかということへの確認、外で育った彼女が今まで呼ばれていた名、そして自分が彼女とこれからも会おうとすることで自分達が恋仲に思われる可能性について――


いやぁ、自覚した後の理登の行動が早いな、さすが平安時代。
というか、己の恋を確かめるために通うのかもしれないけれども。

理登が質問したときは一方通行だと思われていた彼の想いは、彼が純子に彼の覚悟について語ったときに、彼女もまた己の想いを恋と自覚することになり、想いを確かめ合った二人は――と、夜明け前、純子が理登を見送る描写で何があったか察せられるというものです。
そして、理登の二つ目の質問の答えだった「いと」という純子の名前呼びに、私の萌え心が激しく刺激されたのは言うまでもない。是非、純子の「理登様」と呼ぶシーンも見てみたい。

それはさておき、着物に匂いが移るってなんだかエロティックだよね! 
TL読み漁ってる私ですが、雰囲気のかもし出すエロスに、直接的なエロは到底及ばないと思うのです。
現在の彼らの関係である、夜しか会えないという何だかエロスのある現況がどう変わっていくのかも楽しみです。
にしても、こんな状況から妊娠しちゃったりしたらどうなるんだろうね?


いや確かにね、少女小説だし、まだ1巻だし、そこは言葉通り、朝まで一緒にいました~ってだけなのかなと思わなくもなかったのですが……理登が後朝を文を送ってきたので、そういうことなのでしょう。私でもそのくらいの古典知識はあるのです。
作中では純子が理登の文の意味を理解できていないので、彼からどんな文が送られたのかは語られていませんが、今後明かされ、純子がその意味を知るときが彼女はどんな反応をするのでしょうか。是非、赤面モノであることを期待しますw

一気に関係の進展した純子と理登ですが、純子つきの女房である高倉は、まずは文の交換からと思っていたようです。この件に関しては、直輔の気回しが大きく影響したと言えます。
直輔グッジョブと言いたいところですが、少女小説としてはそれにいたるまでももうちょっと読みたかったのも正直なところです。
ですが、純子は後宮にいるわけで、貴族のお姫様と比べれば通うのは中々難しそうなポジションです。彼女は出歩くこともできないわけで、恋の発展となると文を交わすくらいしかない。また、理登の宿直がある夜にしか会えない二人なわけで(と言っても、理登はすでに宿直関係なく訪れたりしてますがw)、両想いの二人がそんな状況にあって、かつ平安時代ということからしたら、逆にここまでの関係にいかないほうがおかしいのかなとも思います。私自身、じれったい恋の駆け引きをほぼすっとばして恋人となった二人の今後がとても気になる次第であります。

直輔の「会えたのか」の問いに対して「逢えた」と答えているのが、中々印象深かったです。つまり、ただ会ったというだけではないということで。



きっと理登は彼の背景から、今まで色々と心無い噂をされてきたのだろうなと思います。
そして、まっさらな純子が嘘は嘘と言って、彼自身を見ようとしてくれた純粋な様や今まで育った環境から離されてどうにか頑張っていこうとする様に心惹かれていったのかなと見えます。作中でも、クールな表情の下でひそかに動揺してそうなシーンがいくつかありましたw

そして、純子は宮中で育ってないので、お姫様教育というものは全く受けていません。
天真爛漫で素直な気性で、しきたりとかに対して愚痴たれる様子はちょっとアホっぽい部分もあるので、読み手によっては好き嫌い分かれる要素になりそうですが、私は凄く可愛く思えました。
ただ明るいというだけではなく、過去連れさらわれた経験のトラウマに苦しんでいる部分もあって、その明るさやひたむきさと彼女の弱さとのギャップがなんとも可愛いのです。こんなん目にしちゃったら、男心つっつかれるのはしょうがない。その上、夜の二人だけの状況で袖を掴まれて行かないくださいなんて言われたら、後朝交わす仲になってしまうのもしょうがないw
純子の行動がいちいち可愛らしいので、ラストあたりでは理登はもうかなりやられてるんじゃないかななんて思うくらいです。

今後、純子をさらった人物(勢力?)やらが明るみになっていったり、二人の恋に対して色々出てくるのかもしれません。
お約束として、恋のライバルとか嫉妬とかの要素も見てみたいです。

とりあえず、身分的には問題なさそうな二人なので、ゴールインするときはさらっとしそうですが、現在のところ、理登が純子の元に通うことに対して、彼女の今後の縁談に差し支えあるのではと言ってる部分があるので、自分がその相手になるとは考えたりしないのかなと思いますが……



何はともあれ、続きが楽しみです。



隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫)隠れ姫いろがたり -紅紅葉- (ルルル文庫)
深山 くのえ あき

姫の華麗なる奴隷生活 (ルルル文庫) 春天繚乱  花鎮めの姫と七星の剣 (角川ビーンズ文庫) 呪われた皇帝と百人目の花嫁 (ルルル文庫) シンデレラ伯爵家の靴箱館 偽りの乙女は時をかける (ビーズログ文庫) 箱入り王女の災難  時間と秘密と天使のワルツ (角川ビーンズ文庫)

by G-Tools


テーマ : 読書感想文    ジャンル : 小説・文学

« »

10 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

不規則更新なので、twitterで更新を通知しています♪

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。