[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[漫画] 午前0時、キスしに来てよ1 著:みきもと凜

午前0時、キスしに来てよ(1) (講談社コミックス別冊フレンド) 午前0時、キスしに来てよ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
 みきもと 凜

 講談社 2015-07-13
 Amazonで詳しく見る
 by G-Tools


今まで、みきもと凛先生の連載作品はぼんやりながら知ってはいるけど、設定が好きじゃなくまともに読んだことはありませんでした。

映画化した近キョリ恋愛は、教師×生徒ものってのが好きじゃなかったし、
きょうのキラ君は、1話の時点で余命宣告された病気設定があるのが好きじゃなかった(難しい手術で助かるけど)。

絵自体は、小奇麗だなぁとは思ってたけど、そこまで好きな部類でもなかったし、独特のギャグセンスやデフォルメ絵の感じもそこまで好みではなかった。
こんな印象を持っていた私が、この新連載は単行本を購入!
そういえば、私が単行本を購入しようと思ったこの流れって、青木琴美先生のカノジョは嘘を愛しすぎてるのときとちょっと似ているなと思います。


はい、芸能界モノです。
いや、芸能界モノというと語弊があるか。

イケメン俳優×普通の女子高生の王道ラブストーリー!

私の三次元の芸能人の知識度は、平均値を遥かに下回るものだと自負しておりますが、漫画の題材としての芸能モノって結構好きです。
潜在的なミーハーなのでしょう。
でも、二次元アニメ、ゲーム大好きとは言っても声優にもさほどの熱意はなかったりします。声を売りにしたイベントにはまず行きません。

あと、基本的にシンデレラストーリーというものが、主人公が女でも男でも題材が何でも好きなんですよね。

みきもと先生の今作のように、乙女らしく王子様願望よろしく平凡女子がイケメンに愛され…なんていう王道設定も好きですが、カノ嘘やBECK、スキップビートのように、主人公が芸能界で頑張っていく話も好きです。
他、手元にある芸能界が関わっている作品を言うと、こどものおもちゃでしょうか?
歌手を題材としたDRAGON VOICE、天使の唄とかも読んだなぁ。


さて、今回のお話。

何事もきっちりとこなす性格の花澤日奈々は、人からは品行方正な優等生として見られそのように過ごしているけれど、実は童話のようにイケメン王子様との恋に憧れる女子高生。(そういえば、何年生なんだろう?)
そんな彼女の通う高校に、元アイドルユニットで活躍していた実力派イケメン俳優の綾瀬楓(24)が映画撮影のために来るという。そして、生徒会に入っている日奈々はエキストラとして出ることになって――

と、別にエキストラがきっかけとなって何かあるということはないんだけど、たまたますれ違ったり、たまたまこのイケメン俳優がぷりケツ大好きなお尻星人であることを知ることになったりする。が、お約束のように、別にそれを楓が口止めするために日奈々に何か要求したりと、少コミ展開があるわけでもない。

学校内ではそんな通行人A程度の関わりしかない日奈々と楓だけれども、ただただ偶然が重なり、ロケの休憩のときに学校(ロケ地)から出ていた楓と、休日の楽しみのために外出していた日奈々が出会い、人気の少ない映画館で映画を見ることに。
ほんの少しの関わりあいから、綾瀬楓という人間本人に触れ合う日奈々。
でも、この日に起こった彼との関わりと、楓の行き過ぎたファンの行動により、誤解された日奈々はエキストラを下ろされることに。

結構、無駄にツンツンしてたり、俺様主流の昨今の少女漫画にしては珍しく、楓本人はほんの少ししか関わりを持っていないのに日奈々という個人に対し全幅の信頼を寄せ、またそのときどう動けば事が丸く収まるかなどをきちんと考えた、言動、行動をしている大人なのがなかなか新鮮。また、大人なのに茶目っ気があるのが素敵でもあります。
そして、自分から連絡しろと電話番号を教えたりするのに、仕事用の番号を教えてしまい、連絡が取れずすれ違うことに。
そんなとき、ご都合だなって感じではありますが、親友のるんちゃんが楓が出るTV番組の観覧に当選したと一緒に行き、再会。
ここでやっと、日奈々は自分の名前を楓に名乗ることができて、ここで2話終了。
3話目は、デート。お昼を外食後、家に連れて行かれ、ちょっとした誤解をして帰ろうとしたときに、マネージャーさんが来て…ここで1巻終わり。

3話の、お家デートで日奈々が友達の写真を見せて紹介してるところで、幼馴染(男)のあーちゃんに関して話していたとき、拗ねて「オレのなのに」なんて言う楓がかわいいです。

というか、なぜか単行本が出る前は、楓は20歳だと思いこんでたんですが、24歳なんですよね。
日奈々が高1か高2かわかりませんが、日奈々も同級生のるんちゃんも生徒会役員をしていることから、私の感覚で言うと2年生なのかなぁと思います。もちろん学校によっては、副会長を1年生がつとめたりするのかもしれませんけれど。でも、楓に写真を見せているときに入学式の写真があることから、1年生の可能性も読めなくもないけれど、漫画であることを踏まえず現実的に考えると、GW前の時点、入学して1ヶ月かそこらの時点で、1年生が副会長や書記といった生徒会役員のポジションは絶対ないと思います。逆に5月であるということを踏まえると、3年生という可能性もありますが、漫画の題材として考えると、特に芸能人を恋の相手として据えた話として見ると、3年生はないかなぁって感じで、やっぱり2年生が有力かなという感じがします。ま、3年生でも受験生ではないかもしれませんし、いくら日奈々が優等生設定でも、学校のレベルはわからないので、その辺はなんともいえません。
長くなったけど、日奈々が高2であるとすると、16か17歳なわけで、作中の時期的に16歳の可能性の方が大きいわけですが、それを踏まえると、楓との年齢差は8歳になるんですよね。結構でかいなーっと。
何年か前まで大好きだったスキップビートの蓮さん(21)が、17歳であるキョーコが女子高生であることに対し、悶々と悩みまくっていたのを考えると、そういった葛藤はないもんかなぁなんて思わなくもありません。
でも、逆に楓のこの年齢設定は、親父な発言をしたりするには有りだなとも思いますw


1巻には3話まで収録されており、続きの4話目は今月発売の雑誌で読むことができます。
少し前から講談社系の雑誌はリアル発売と同時に電子書籍も発売するようになったのですが、たまたま検索をかけると216円と電子書籍として自分が手を出せる価格帯だったので、思わずポチっちゃいました。
別冊フレンド 2015年 08 月号 [雑誌]

ネタバレしますと、日奈々も芸能人だ、イケメンだってのではなく、彼女の知った綾瀬楓本人に惹かれ、想い悩み、恋を自覚し、また楓本人も連絡が付かない日奈々に真っ向勝負で気持ちをぶつけ、4話目終わりで二人は恋人同士としてスタートします。
ああ、今から来月号が気になる……。216円だったら軽くポチってしまいそうな値段です。たとえ、読み物がこれひとつしかなくても……。


正直なところ、日奈々が芸能界のごたごたに巻き込まれたり、どろどろシリアスな感じにはならなさそうだなぁと現段階では爽やかな路線しか想像できませんが、4話で触れられている楓の過去とか、元グループのメンバーとの関わりとかも今後ありそうですし、この先どうなるのか楽しみです。

あーでも、やっぱりギャグ絵というかデフォルメ絵は好みじゃないわ。というか、ちょっときもい感じ。
主人公の品行方正な真面目キャラっぷりは好きなんだけど、そのギャップもあるんだろうけど、可愛い感じの絵に、ちょっときもいギャグ絵が挟まれるのがちょっといただけないのが残念。

そういえば、この作家さん、今までちゃんと見たことなかったから何とも言えないけど、今作からデジタルになったのかな?
作中、妙に背景効果が多いというか、アナログではできなさそうな使い方してるなぁって思う部分があるように思えたので。
カラーは凄い自然っぽいからアナログかと思ったけど、作者さんTwitter見ると一部デジタルって感じっぽい? すごい自然に使われてるなーって感じ。アナログの持ち味とデジタルのいいところが綺麗に融合してる感じだ。
ま、お話が面白ければどうでもいいことだな。

最後に、るんちゃんとあーちゃんには、脇役カップルよろしく恋仲になって欲しくありません。
あーちゃんは、そのうち日奈々が楓と付き合ってることを知って、何かしら心配したりするんだろうな。お約束のように、実は小さい頃から好きだったとかあるのかな? それか、バンドマンということだし、こっちも芸能界に関わってくるのか・・・。


とりあえず、日奈々の妹のすずちゃんがかわいいです。


午前0時、キスしに来てよ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)午前0時、キスしに来てよ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
みきもと 凜

4月の君、スピカ。 2 (フラワーコミックス) L DK(18) (講談社コミックス別冊フレンド) オオカミ少女と黒王子(13): マーガレットコミックス お願い、それをやめないで 1 (フラワーコミックスアルファ) ちっちゃいときから好きだけど(6) (講談社コミックス別冊フレンド)

by G-Tools

関連記事

テーマ : 漫画の感想    ジャンル : アニメ・コミック

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。