[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説] 最愛の花 著:藤波ちなこ

 ドラークはその花を自分だけの秘密にしたかった。
 月光を紡いだような銀髪に、手袋越しでなく、直に指先で触れたい。
 あの白い頬は温かいのか、冷たいのか。どんな手触りがするのか。
 自分だけが触れたい。自分にしか見せない顔が見たい。誰にも聞かせない声が聞きたい。
 その感情はきっと忠誠心とか騎士の献身とかいう清らかで崇高なものではなかった。ひりひりと胸を焦がし、やがて身の内を蝕むように焼き尽くす激しい恋情だった。

(最愛の花 p118)


478169571X 最愛の花 (ソーニャ文庫)
 藤波ちなこ Ciel
 イースト・プレス 2016-02-03

 by G-Tools


初恋の爪痕」で、これはもう次回作からはお名前買いしようと心に決めた、藤波ちなこ先生の新作です。
その上、今回イラスト担当がcielさんで、発売前から期待度はうなぎのぼりでした。タイトルも、何か純愛な雰囲気かもし出してましたし。

それでも、最初にあらすじを確認したときは正直どうなんだ? って思わなくもありませんでした。
いや、色々積んでない? と。前作のように、ヒーローには婚約者いるけど、その婚約者がアホなことかまして婚約破棄なんて流れは結構ありそうだと思ったのですが、ヒーロー既婚? しかも、ヒロインの妹と? ヒーローには何かしら思惑あるんだろうし、それがヒロインのためだったりするんだろうけど、外側から見たら不倫関係のようになるのかなとそれは何か微妙だなというか、あらすじを見た時点では、妹がどういう人間なのかわからなかったので、何か理由があるのだろうとはいえ、結婚までしちゃうのは相手に対してちょっと不誠実すぎないか? なんて思っていました。
だから、駆け落ちエンドとか心中エンドとかもちょっと危惧しないでもないでした。
しかも、ヒロインは病弱設定。どうすんだ、これ、TLとしてエロに耐えられるヒロインなのか? なんて思ってしまったのはあしからず。でも、病弱設定ヒロインって庇護欲かきたてられるので、どちらかというと好きな要素だったりします。

結果的には、こーきたかーっと、これはいい意味であらすじ詐欺なのかもしれないけど、もし私が思ったようにお互いの心情はどうあれ不倫っぽい関係性のように思われてしまう可能性が無きにしも非ずなのはもったいないなぁって思いました。
だって、これ、確かに結婚式は挙げたのかもしれないけど、何か全く想像してたのと違っていたのですよ。


不遇の姫ソフィアの11歳の誕生祝に、父大公から護衛として14歳の従騎士ドラークが護衛としてつけられる。
彼はソフィアの同じ歳の異母妹マルハレータの4人の騎士のうちの一人として送られるはずだったが、人に忌避される赤毛であることから外されソフィアの護衛となる。
最初は頑なだったドラークもソフィアの心に触れるうち、彼女を自分の生涯の主であり、また女性としても慕うようになる。
主と騎士という二人の関係は、彼らにとってお互いに夢のように幸せなときとなるけれども、それは1年という短い期間で、父の命令により簡単に終わりを迎えてしまう。
ソフィアはドラークの出世のために、彼のためと彼を遠ざけることを決意。しかしドラークの気持ちはソフィアに向かったまま、会えなくとも毎朝彼女のために花を贈り、彼女ために力をつけていく。ソフィアも彼を慕う気持ちをそのままに、やがてその心を恋心だと自覚する。しかし、ドラークの努力はすべて彼を彼の望まない立ち位置へと向かわせ――
そして6年離れ離れになり、いざ再会しようとなったとき、ソフィアはドラークと妹マルハレータが結婚するという事実をつきつけられて――

と、あらすじで読める部分までの導入部分というか、それまでが思ったよりも結構長かった。
いや、それ自体は、二人のぴゅあっぴゅあな関係が可愛くて、そして当時11歳のソフィアに思春期まっさかりであろうドラークが主従の情以外の情欲を秘めているのが何とも私の萌えポイントを刺激してくださいました。


以下、がっつりネタバレ含んでいきます。
 




序盤から謎の薬師とか出てくるけど、お話が進むにつれ、ソフィアがどうして病弱なのかという背景に、理屈では説明できない呪いという要素が出てくるので、その辺はほんのちょっと興ざめに思わないでもありませんでした。使用者が限られるとはいえ、万能すぎるように思う部分があって。
世界感的にそういうのがあってもおかしくないのかなって思う程度の説明はあるんですけどね。

言ってしまえば、ソフィアの病弱設定は、呪いから来るもので、それも彼女にかけられたものではなく、妹のマルハレータにかけられたものだったという。妹に掛けられた呪いは、日の光を浴びることもできず、子を産むこともできず、十八の深夜に死ぬというもので、それを避けようとした結果、父大公と母である現大公妃が薬師に命じ、ソフィアに呪いを移したのだという。
ソフィアを呪いから救うため、薬師に命じる権限を得るために、ドラークはマルハレータとの結婚を決意。
すんでのところでソフィアの呪いは、そのままマルハレータに戻るわけだけど、呪いによって死ぬ運命は、母から殺されるという幕引きを迎える……
この呪い自体、マルハレータの母である大公妃に向けられたものなので、マルハレータは典型的悪役タイプのお姫様ではあるけれど、母親のとばっちりを受けて命を落とすのは気の毒だなと思いました。ソフィアにいじわるをしてきたことに対して、ざまぁと思える展開があってほしいなとは思いましたけど、簡単に退場してしまったので、気の毒感も大きかったです。
また、どうして父大公がソフィアをここまで不遇な立場にしていたのかというのも、現大公妃の言葉巧みによるもので、大公がソフィアの出生について疑いを持っていたからだったりします。本当は実の娘なのにね、情けない大公です。
しかも、大公がソフィアの母を娶る経緯もひどいもので――前作同様、親世代はひどくごたごたしていて、ヒロインの母親は愛する人から離されるという、酷い仕打ち受けています。

ドラーク視点もがっつり充実しているので、彼のソフィアへの想いの深さに切なさが刺激されました。

濡れ場に関しては、やっぱり藤波先生の描写大好きです! って感じで満足でした。なんかいい意味でねちっこいんだよなぁ。そんなにページ数が割かれてるわけじゃないんだけど、ヒロインが追い詰められてる感がすごくいいと思うのです。
前作で、連発してくる追い詰められ感に萌えた部分があるので、そんな部分が今作にはなかったのはちょっと残念だったかな。いや、満足は満足なんだけどね。萌えのもう一声! みたいな部分というかw
でも、ソフィアの心情はどうあれ、ドラークは心底彼女を愛してるので、奇抜なものや痛々しいシーンはありませんでした。直前に同日発売の「王太子の情火」を読んでいたこともあり、とてもノーマルでしたw
まぁ、でもね、ソフィアにしてみれば、いきなり襲われちゃったわけで、いや、うん、愛してるならもうちょっと色々考えろよ、もう呪い解けたんだしさ、って思う部分もありませんでしたが、そこはもう自分を否定されるような言葉に決壊しちゃったとのと、彼女を逃がさないようにするため、孕ましてしまえばいいという考えもあり、若い時代の6年という間に色々歪みが生じてしまうのもしょうがない。それ以後は、真実からソフィアの目を背け、彼女の心を守るためという名目のもと、ソフィアを名実ともに手に入れたいという思いから盛ってただけですけどねw
それでも、ソフィアが好きな人だからと流されず、快楽を与えられるも、自分に対する行動を安易に許さないという姿勢に好感が持てました。

そして、ドラークのソフィアを温室の花のように守りたいという思いを告げられるも、それだけでいいのかと自問し、守られ、または城を出るという選択肢を与えられるも、自らが国を背負うことを考え、責務を果たそうと決意するソフィアも素敵でした。
閉じ込められて育ったけれども、本来は好奇心旺盛なところや守られるだけのお姫様のままではない姿勢がとても魅力的です。


無理強いだけじゃなく、ラストでは二人の幸せそうなところで締めくくられてるので(個人的にはエロでラストを締められるってのは微妙に思うところもあったのですが)、すごく読後感が爽やかでした。「初恋の爪痕」はいいように考える部分があっても、ちょっとラストのは蛇足かなと思わないでもなかったので。
また、この部分のイラストがすっごい綺麗なんですわ。合体してるのに、なんか神秘的で……そして、二人はこの上なく幸せそうで……。

ソーニャ文庫公式で読むことができる、番外編もラストの後、二人の旅の様子がかいま見れる感じでよかったです。


最後に、個人的萌えポイントだったのが、ソフィアと想いを通じ合わせ、彼女に対等の関係を求められても、ドラークがそのままソフィアに対しては敬語だったのが凄く良かったです。たまに、色々刺激されちゃって敬語が外れてるのも可愛いと思いました。
主従もので、女性上位ものって結構好きなんですが、何を勘違いしたのか想いを通じ合わせた後ヒーローが亭主関白気味に変化したりすると、なんだか萎え要素になっちゃうんですよ。主従萌えをぶち壊すなと。ヒロインの立場からしてみれば、敬語を使われ続けるのは微妙だと思ったりするのかもしれないけど、関係性が対等であったとしても、そこに敬意があるのであれば敬語のままでも別に違和感ないと思うんだ。


お話のインパクトとしては、「初恋の爪痕」のががつんと来たものは大きかったかなと思う部分はありましたが、今作では、二人の主従という関係性や純愛的要素というエロ以外の萌えどころが多いので、また別の味があり読み応えがありました。
ヒーローヒロインに不快感が全くないという意味では今作です。とにかく、ドラークがヒロインのためにと行動する様は、想われっぷりが伺えてきゅんとする部分がたくさんありました。
6年のもの間、物理的に可能な限り毎朝花を届けるなんて芸当なかなかできるもんではありませんよ!


お話全体を見ても、この伏線回収されるのかな? とか思う部分はすべて綺麗に拾い上げられており、非常に満足度の高い一冊でした。
欲を言えば、ソフィアの髪で作った飾りが燃えてしまったことに関して、ドラークにちょっと触れて欲しかったなと思ってしまったことくらいです。

そして、うん、イラストもすっごく綺麗でお話の清廉な部分にマッチしていて、内容とイラストの乖離が全くなく、この点でも満足度が高くなった要因ともなったように思います。
なので、タイトルなしの表紙美麗イラストを見たいという思いもあり、最初からステラワースでブロマイド付予約した上で購入しちゃったくらいです。送料高いね、ここ。
コミコミスタジオでも、特典カード付いてたみたい。カードってより、ポストカードっぽかったから、保存を考えたらこっちのがよかったかなーなんて。すでに売切れ状態だったので残念(´・ω・`)


ついでなんで、同日発売だった「王太子の情火」も同時購入の上読みました。
こちらはエロに関してとか色々物申したいものはありますが、ヒーローの生い立ちから来る歪みっぷりと、ヒロインを赤ちゃんのときから見守っていたというストーカー気質、愛されるより憎まれたいという方向に転じた心情具合から、「最愛の花」よりもソーニャ文庫らしいと思いました。ほの暗さを感じさせる本編でも、ラストはある種の救いがあるようなきれいな終わり方でした。
両作ともイラストが綺麗でしたし、違う系統で読み応えがあるので、ソーニャ文庫2月刊は同時購入でうまい具合にいいところを楽しめたなという感じがしました。


近いうち、また読み直したいなと思います。
本当に、ソフィアとドラークの邂逅から別れの流れは切なく、きゅんきゅんさせていただきました。お勧めです♪


どうでもいいけど、帯煽りの「あなたのためなら悪魔にでもなる」って本文にあったっけ?
「王太子の情火」でもあったっけ?って思ったんだけど、本文抜粋じゃないのかな?

ためらいの代償 (ソーニャ文庫)初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)

関連記事
テーマ : 読書感想文    ジャンル : 小説・文学

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

不規則更新なので、twitterで更新を通知しています♪

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。