[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アニメ] 図書館戦争 全12話  ※思ったまま正直に綴ってます。

図書館戦争 第五巻 [DVD]図書館戦争 第五巻 [DVD]
(2008/12/03)
井上麻里奈、前野智昭
★★
商品詳細を見る


石田彰さんが出演されてるという認識しか当時はなかったわけで・・・・
まぁ、機会がありまして全部見てみましたよ。
いや、相変わらず石田ボイスは素敵なわけで・・・


図書館戦争、何かとうざったいくらいに書店で目に入ります。
平積み率高すぎです。
そして、好評価が多い・・・ そして、同時に有川浩さんの作品は悉く売れております。
図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩

商品詳細を見る
↑職場の図書館でパラ見した印象としては、一人称小説であり軽い感じでした。同作者の植物図鑑は、会話文が1p近く続いており(一番上が 「 ばっかりなわけです)、会話文で話が進行していくのかという印象を受けました。

とまぁ、何かと批判的印象から最初入ってるわけですよ。
いや、私の悪い性質なわけですが、評価の良いものには最初批判的になってしまうわけです。
なので、以下感想は原作未読の上での感想です。


とりあえず、原作もDVDもAmazonレビュー★1のに凄く同意してしまったわけですけどw
 






まず、1話を見た時点で主人公の言う王子様とやらのフラグ立ってるしwwww

なので、本作のヒーローである堂上も厳しいふりして優しいとかいう判りやすいキャラです。
結構嫌いじゃないタイプではありますよ、個人的には。


でも、何より主人公が好きになれない・・・

口の悪さとかじゃないのよ、口の悪い主人公とか別に嫌いじゃないし・・・・・
ごめん、すぐ泣くのが受け付けない。

んで、堂上教官にちょっと優しくされただけで(所謂飴とムチ?)すぐ泣く・・・・・・うざいことこの上ない。1話ごとに泣いてなかったか?
いや、お前軍人だろ?と・・・・泣かないで我慢して一人でひっそり泣けよ。すぐ泣くなよ。
わざわざ教官のおるところで泣いて、慰めてもらおうという魂胆だろwww

そして、魅力ない主人公の周りからの凄キャラからのマンセーっぷりが半端ない・・・
その辺もうざい。

もう、とにかく主人公が受け付けない。
親に内緒にして軍隊に入ったはいいけど、周りの人間巻き込んで秘密隠蔽しようとするし、そして周りもそれに協力するし、ちょ、お前ら仕事しろよwwwwwと。図書隊としての仕事に誇りを持ってるんなら、そんな馬鹿げた理由のために協力せずに真面目に仕事しろよwww
こんなに融通の利く職場ってどんだけ優良企業だよww


とにかく、うざくてしょうがない。見ててイライライライライライライラ・・・・・・

言ってしまえば、空気読めない?

ただ、主人公が王子様=堂上と気付いて、=恋心となるのかがイマイチわからんかった。
そして、堂上は堂上で、何でその時助けたってだけの女子高生と気付いていながら好きになったのか・・・
この辺は原作ではうまく纏められてるのかもしれんけど、アニメ内では登場人物の心情とか全然わからんかった。



あと、何が受け付けなかったのかというとだ。世界設定だよ。
そりゃ、パラレルワールドだっていうのは理解できる。こんなとんでも設定なわけだから。
だけどね、私の歩んできた短い人生上受け入れられない設定なんだよ。なけなしの常識上とうてい受け入れられない世界設定なわけよ。


だって、本と命何が大事って、に決まってんじゃん!? そんなん小学生のガキでもわかるだろ。
そりゃね、ヲタのはしくれとして、本が無かったら生きていけないってくらい大好きだよ?
でも、常識上、倫理上、本>命って不等式があてはまるわけはない。
なんつーか、いい大人が何やってんの?って感じがする。

私、そういや最初、この作品の第一印象からは、どっかの学校の委員会が何か戦うんかなーって思ってたら、ちゃんとした軍隊だしwww 

だからこそ、言ってしまえば、たかが本のために銃を持って人の命をやりとりするって世界観に全く共感がもてない。


そりゃ、本を守るって信念があるのかもしれないさ。
クリエイターが命をかけて生み出した作品も世にはあるかもしれないさ。そりゃ、大事だよ。有害図書ってだけで規制するのはどうかと思うよ?
有害をもたらす図書をむやみやたらに規制する法律があるという世界観だからこそ、それを阻止するために主人公たちの軍隊があるんだろうけど・・・・・・

だけどやっぱり所詮本じゃんっ!?


本好きの人とか図書館好きの人にはツボにはまるみたいな煽りだったと思うけど、逆に好きな人間には受け入れがたいと思うんだけど・・・・
つか、図書隊の仕事って、ほとんど司書さんの仕事じゃんかwwww 司書さんどこいったよwと。

だから、なんつーか、たかが本のために、何でこの人たち頑張ってんの?って思いばっかりになっちまう。
彼らの恋愛を進行させるためじゃんpgrって気分になっちまう。恋愛ありきだから、どこかのレビューで見たけど、設定に粗があるんじゃないかなーと。ミリタリ用語だからか、難しい感じするけど、アニメ見た印象は、本当にこいつら何やってんの?としか思えない。

マジ、作内恋愛を楽しめないと無理な作品だと思う。

そして、この作品の熱狂ファンも怖いと思う。Amazonの★1レビュー者にコメントで噛み付いてるもん。
ジャニヲタさんみたいだ・・・・gkbr ジャニヲタさんでも信仰する方によって大分違うみたいだけどw


まず、気になるのが、この軍隊の大元。彼らの給料はいったいどこから支払われているんだろうか?
敵側は法律を背負っていんだろうから、政府側なのかもしれないけどさー。つまり敵対する図書隊は地方自治体?その辺全くよくわからんけど、国民の税金は使われてないんだろうけれど。
とすると、運営資金はどこから捻出されているというのだろう?
ミリタリー用品ってそれなり金かかるわけだろ?
普段、図書館司書のような仕事しかしてないくせに、どこから金が生まれているのだろう?
戦いに勝ったところで、心情的な物が守られる以外の何があるんだろうかね? 戦いって損をする人、得を人がいるから勃発するものもあるわけで、信仰的なもんやら、そこでの金の動きとか色々あったりするもんじゃないの?

それをたかがのため・・・・ごめん、やっぱ無理です。私にはこの設定・・・


銃撃戦をおっぱじめる世界観のくせして、日本に生きる国民たちは殆ど出てこない。彼らはこの図書隊のことをどう思っているのだろう?
まぁ、戦いつっても図書館内だとか何時までとか規定があるみたいだけどねwwwwww
なんか、歴史上の武士らの戦いみたいだw 角笛吹いておっぱじめて日が沈むと終了・・・・みたいなw
戦争物ってさー、どんだけ相手の戦略を出し抜いて、裏をかいて勝利するーみたいな戦術的なものも魅力だと思うんだよねー


一見、シリアスのように見えて、穴がありすぎて、視聴してて恋愛ありきの作品なんだなーって思ってしまったのが私的には受け入れられんかったんだろうけどね・・・
世界観に燃えれるからこそ、その世界に生きる


とりあず、上記のような世界観が全くといっていいほど受け入れられなかった。
というか、そういった世界観を受け入れられるだけの説得力が全く無かった。アニメ視聴のみでは。原作読んでみるとまた違うんだろうけどさー

私は、ヲタの一人としてそれなりに奇抜な世界設定を受け入れられる柔軟な脳を持っていると思いますよ?
だけどさ、受けいれらるものと受け入れられないものがあるわけですよ。


まぁ、この作品の場合、主人公CPに萌え萌え出来なければ何も楽しめないと思う。


勿論、私にはだけど、到底受け入れがたい世界設定を考えついた作者はある意味凄いと思う。
そして、アニメ制作に携わったIGは流石良い仕事してます。画崩れもないし、演出も申し分ない。だからの★2。IGスタッフに乾杯。
だからこそ、アニメとしてのクオリティが良いだけに内容がはちゃめちゃなのが残念だなぁと思わざるを得ない。


好みの問題なんだろうけどね、
ラブコメありきで世界観はおまけと考えるなら楽しめる作品なんだろう。
けれど、世界観ありきで作品に盛り込まれるラブが好きな私には萌えが逆ベクトルだったってだけなんだろうけど。
素人恋愛携帯小説とか好きな女性は好きなんじゃなかろうか?と特に読んだこともないけど思ってみるw



そして、下手に平積みされてハードカバーで出版されてるから、読者の心構えもそんなに軽くない感じで読み始めたりすんじゃないかなぁとも思う。
文庫でラノベだってわかって読めば、こんなもんかって印象かもしれんけど。
正直、定価で買いたいとは思わない。
中古でも買おうと思わない。
職場の図書館にあったから、いつか読んでみたいとは思う。そして、原作を読んだ上で色々と申したい思いもある。それではまっちまったら私\(^o^)/オワタってなるけど・・・・そうならないために、敢えて読みたくないとも思ってしまう妙な矛盾心。




これ、男性ファンっているんだろうかね?
ミリヲタとか絶対受け入れられないと思うんだけど・・・・

でも、同作者の自衛隊3部作は読んでみたいっちゃ見たいんだよねー
気になる。
恋愛色の強くない作品は基本的に読んでみたいかなー
塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
(2010/01/23)
有川 浩

商品詳細を見る




あ、ノイタミナ関連で図書館戦争とは全く関係ないけど、
今日KISSを立ち読みしたら、海月姫 1 (講談社コミックスキス)がアニメ化とあった。
海月姫は、1巻読んだ時点でアニメ化しそうな話やなーと思っとったし、しやすそうで面白そうと思ってたから素直に嬉しい。作画とか崩壊なければいいなーと、いつからアニメ化か知らんけど楽しみだ。
最近、何かしらヲタ的主人公って多いよね。
うん、本当に楽しみです。
[漫画] 海月姫1 著:東村アキコ
関連記事

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし 
千智さま

初めまして。こんなに古い記事に、コメント有難うございます!
そして、共感いただき有難うございます。
アニメの不快感は、原作信者さんも文句たれてるみたいなので、アニメそのものの出来が微妙なのかもしれませんけれど……最近読書家の知人が読んだという話を聞いて、思ったよりも面白いと言ってました。結局、私は有川作品は所謂食わず嫌いなのですが(結局1作も読んでません)、実際読んでみればやっぱり感じが変わるのかもしれませんが……
恋愛ネタに関して萌えたとしても、やっぱり本というものを介して命のやり取りをしている世界観が受け入れられませんw
アニメ1~2みて見るのやめた 
初見です、ほぼ同意見です
まず主人公が受付ない
あのなんとかっていうエリート君の行ってることは正しいし、止めることないわっておもった
偉そうな口を叩くならそれに見合う努力してからにしろって思った
周りの教官たちがえこひいきしてるようにしか見えない

あと、銃撃戦とかして、肝心の本が傷んだらどうすんの?っていうところも疑問が残った
Re: アニメ1~2みて見るのやめた 
コメントそして記事への賛同ありがとうございます。

アニメの評価はあれですが、原作の評価は高いようですよね。
アニメでは語られてない部分もあるのでしょうが、この作品は恋愛要素を、そして主要キャラの甘々を楽しみに読むものなのじゃないのかなとも思います。
図書館?戦争?とインパクトはあると思いましたし、タイトルの印象から学校の図書委員が何かする話か?なんて思ってましたが、見てみればガチ戦争してる…
状態にこだわる本好きとしては、正直どうよ?って部分が多いすぎでした。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

不規則更新なので、twitterで更新を通知しています♪

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。