[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説] 華鬼 終焉とはじまりの乙女 著:梨沙

華鬼 終焉とはじまりの乙女 (Regalo)華鬼 終焉とはじまりの乙女 (Regalo)
(2011/03/10)
梨沙
★★★★
商品詳細を見る


久しぶりに一気読みしました。
ネット版を全部読んだことあるし、最後の部分とかは本編読んだことあるけど、本編実はまだ読了いてなかったりするw

だけど、昨日届いてて挿絵を見ながら、パラパラ見るだけに留めようと思ってたのに、結局最初から綺麗に1日で読んでしまったというw


まぁ、正直な感想としては面白かった、と言えることは間違いないんだけど、色々と突っ込みどころが多数出てきたのも否定出来ないorz
いや、本編から突っ込みどころは沢山あったんだけど……

作者さん、書きたいこと沢山あるんだろうなーっと。



んで、気持ちよく本作に嵌りたいのに、やっぱり疑問に思ってしまう以下の点が気になって心置きなくのめりこめないんだよね……orz

なんというかね、やっぱり、結局、華鬼や三翼が神無を大事に思うのは、刻印があって本能に逆らえない結果じゃないかということが、この作品にはまりたいのにはまりきれないもどかしい気持ちの原因なんだと思うんだ。

勿論、強い鬼は子供が生まれにくい設定だったり、子供一人産まれて相性良いという設定だったりがあって、結果論として、神無と華鬼の相性は抜群!って言われてるわけだけど、その過程で華鬼が神無を思う心は、刻印無しでも成立するものなのかと考えてしまうんですよ。
もし、華鬼が他にも花嫁を選んでたり、神無の刻印の基盤が別の鬼だったり(桃子設定)した場合は、その辺の説得力はあると思うんだけどね……。


だからこそ、私のこの疑問に対し、響と桃子のカプは、恋愛小説としてみればとても理想的な形といいますか、萌え心を刺激してくれる関係性だと思うのです。
自分の刻印がないのに、桃子を大事に想い惹かれ、敢えて彼女にとってベストな環境が整うまで桃子に手を出さなかった彼の気持ちって、鬼の本能と恋情的な部分を考慮すれば、華鬼が持つそれよりもとてつもなく深いのではないかと思うんです。

勿論、相手を思う気持ちの大きさを比べることなんて出来るわけないし、恋愛の形は三者三様だとは理解できるのです。
ですがね、二次元作品として見ると、個人的見解からしてみたら主人公サイドより、彼らの方がベストカップル的に思えてしまい、読者としてはもやっとする気持ちになるのです。

私、どんな作品でも主人公第一主義ですからw
やっぱり、作品としては主人公カプには他者が踏み込む余地の無いほどの特異性を持たして欲しい。





あ、今作で、響と桃子の話も幕間として収録されてますが、単体として読むと勿論いい話なんだけど、ボリューム割き過ぎじゃね?って正直思いました。
桃子可愛くって良かったけどね。
刻印の件に関しては、響が異端なのかもしれませんが、それでも刻むということは拘ってる部分もあるのかなと。


この辺は私の好みなんでしょうけれど、当たり障りのない程度なら構わないんですけど、サイド持ち上げって、誰が主人公なのかわからなくなってしまうからあまり好きじゃないです。
例えば、少女漫画でいう本編で主人公ベタ惚れだった当て馬が後日番外編で主人公以外の女と歩んでる様を見るのはあまり好きじゃないのと一緒。救いあるのはいいことですが、別に、彼らがその後どうなろうが、敢えて公式で語られたくないなっていうのかな……





今回、本編、幕間4編、番外編という構成なわけですが、
正直なところ、番外編と銘打って出版されてるからには、幕間的話で一冊を締めて欲しかった。本編も全然悪くはないけど、これなら新シリーズで出して欲しかったところ。これが、新シリーズ開幕!とかならわかるんだけど……。

本編で疾風と決着付いてるならともかく、"上"との関連も何も解決しておらず、明らかに序章と言ったお話だった。
もしかしたら、今後シリーズ展開するかもしれませんが、公式的に確定してないのに、全4巻で綺麗な終わり方をしていた作品に、新たな謎を読者に見せた話展開や華鬼と神無の現在の有り様は……orz
主人公サイドは本能云々を考えなければ凄い萌えだから、凄い切ないです。

というか、結構きっつい展開だなと知らない方が良かったんじゃないかとも思ったり。
いや、神無が眠ることで成長が緩やかになったということは、それだけ人間の寿命にとらわれず、鬼と共にあり続けるという点では良いのか?
まぁ、人間の花嫁は老いがきてしまうことに対して、華鬼に対しての補完措置のように思えなくもないけれど……
どうせなら、お腹にいる子が産まれてハッピーなところも見たいのが正直なところ。


ただ、新シリーズになるかもわからないのに、この謎を残すのは……って本当に思いますけどね。
いつでも放棄出きる……もとい自由の利く非商業ではないのだから。
本編気持ちよく終わってたのに……主人公カプ二人とも幸せいっぱいってわけじゃないんですか……みたいなorz





私の大好きな作家さんが言われてたことだったと思うんですが、番外編は読んでも読まなくても本編に差し障りのない話外伝は本編に深く関わっている話という捉え方を思い出した。

幕間「甘い罠」「やわらかな静寂」は本編にあまり関わってない番外的話。あと、あとがき後の番外編ね。
「甘い罠」は響が最高過ぎるわwwwwってのにつきる(というか、ラストの主人公カプ慢性気味なのは如何なものか……)けれど、ここまでページ数を割いて、この中途半端な位置に入れる必要あったのだろうかと……。
商品としての作品構成を考えたら、桃子話は独立した形で読みたかった。

幕間「漆黒の鼓動」「わかれみち」は華がどうして闇鬼となろうとしたのかとか、神無の身に起きた異常など、本編が展開する上で必要不可欠な話という印象。
敢えて、幕間として組み込むのではなく本編にうまい具合に入れて欲しかったかな。


まぁ、そんな感じなので、本編シリアスなのに、途中ほのぼの入ったりで何か妙な感じでした。
幕間に結構ボリューム割かれてるし……
勿論、幕間も単独で見ると全部面白いけど、本の構成としては如何なものか?


個人的には、番外編と銘打つからには、桃子と神無の再開話とか、双子と京也のもっと小さい頃だとか、華鬼家族の色々をもっと見たかったなぁってのが正直なところ。
どうして、双子と京也がここまでの絆で結ばれてるかとか……

光晴との関わりとか闇鬼、凝り鬼の話は、新シリーズとして出して欲しかった。

あと、あとがき後にある番外編のラストの行から、華と光晴の出会いによって、双子と京也3人の今後の関係性に変化が出るのかとも思った。
書籍特典の番外や本編描写からも、華と光晴に結構クローズアップされてる感じがしたしw
京也の感情に関してはよくわからんし、彼らの年齢=普通の人間の年齢の価値観で考えてもいけないのも事実。まだまだ、鬼の世界ではお子様な年齢というわけだしw





あと、今回疑問に思ったのが、京也と双子はどうして人間と同じような時の刻み方をしてるのかということ。
双子だけならともかくって感じもするんですけど、京也はなんで?
ただ、3人とも身体能力は鬼っぽいけど、外面の成長面から寿命とかは普通と同じなんだろうか?
神無のことがある以前から成長速度は早いみたいだし、事件が起因してるとは考えにくいんだよね。
鬼の女児が産まれたことで、鬼という一族に何らかの変化があったとも考えれるかもしれんけど、それ言うなら、京也は双子より先に産まれてるから説得力に欠ける。それか、時期的には既に女児は身ごもってたからカウントとしては有りなのかw?


また、現代軸では、神無の長男と水羽の現況が全くもってわからない仕様だけど、どうして描かれていないのか
というか、折角の長男なのに何か蔑ろにされてる感じがして釈然としない。
現代軸の1年前は、隼人は出てきてるのに、長男どこやねんっていうwwww 隼人が家にいるわけだし、成長速度は通常の鬼っぽいし、生家にいるんかね?
でも、外面華鬼似内面神無という、おいしくも可愛く設定はもっと見たいと思った。

あと、華鬼4の作者サイト特典で、光晴が鬼ヶ里を出て2年後に自分の庇護翼から双子懐妊報告を受け取っていて、年子と言われているのに、今作では長男竜希3歳のときに神無は双子を身ごもってるんだよね……
ちゃんと竜希9歳、双子5歳とある。
現代軸だと、隼人21、竜希20、京也17、双子16になるっぽいけどー

まぁ、期間限定特典だったし読者全員が読める仕様ではないから、設定変えたんかなーってだけかもしれんけど。



結構、設定厨なとこがある自分にとって、何かこうもやもや~っとするもんがあります。
突っ込み出したらキリがなく、とことんなまでに色んなところが気になってくるw




あとがきで、作者が「怒らせると怖いちびっ子お兄ちゃん」言っておりますが、それを感じさせる描写が本作で殆ど見られなかったも残念。幕間で敵の向こうずね蹴ったくらい?
本編でも双子が兄に関して多少なりとも語るそぶりや思い出話とか挿入されてたならともかく何もないからなーorz どうしてるんだろ?





何というか、本当に本編は次はどうなるんだって楽しみにして読んだ反面、妙に痒いところに手が届かない感じの番外編だなぁって思いました。

でも、もし、新シリーズ化するなら、是非読みたいですね。
"上"や凝り鬼、疾風とか色々気になるところが、商業作品としてこのまま終わるのだとしたら中途半端すぎるww
だけど、あとがきで作者がいったん幕閉じでどこかで~とあるからどうなんだろ?


こんなご時勢の出版業界だし、打ち切りとかは沢山あるけれど、そんな中で作者さんたちはよりよい作品を世に出そうとどうにかして規定の範囲で纏めてると思うので。

まぁ、ぶっちゃけ言うと、Regaloシリーズの出版形態的にその辺期待するのはあれかもしれんと思わなくもないんだけどねorz
ネット小説の書籍化を意欲的にやってるのはいいけれど、人気無かったらネット版に加筆修正を加えた中途半端な商品を量産してるだけな気がするので。
シリーズ第一弾だった華鬼も出版当時のレビューを見ると、単巻物かと思ったのにっていうの結構あったしね。次出ることも告知出来ないわけだから、結局2巻出たのは結構経ってからだったような……




んで、最後に、華鬼プレゼントキャンペーンの暗号についてw
暗号10個はすぐに見つかりましたw

で、私、普通だったらこうゆうの結構スルーしたりするんだけど、
解きたくなって、ずーっと数字を見て、色々規則性とか当てはめて考えてみたりしてたんだけど本編読む前に解らなくて、いらいらいらいらいらいらいらしてましたw

楽園のとなりでも、同じ形式の暗号解読あったみたいだから、ヒントになるかと思って見たけど、わけわからんwwww

だけど、ふと、素直に考えた結果(公式ヒントでもあるしw)すんなり解けましたw
あってるかどうかは知らんけどw







ああ、しかし、番外編読んだことで、主人公サイドの現況を考えると、何かもやっとするなぁ~orz

にしても、色々突っ込みどころや設定に対する疑問点が多すぎて、読んでて何か疲れたw
華鬼華鬼2華鬼3 (Regalo)華鬼4 (Regalo)



そんでもって、ここまで桃子らぶな響が攻略できるっぽいゲーム版がとても気になってきたwwwww
華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~( 限定版: 設定原画集/ドラマCD 同梱)華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~( 限定版: 設定原画集/ドラマCD 同梱)
(2011/03/17)
Sony PSP

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 感想    ジャンル : 小説・文学

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: Re: お礼 
サバサバ様

お越しくださり有難うございました。
光晴好きなので… 
楽しめたのですが
内容関しては激しく同意!!
桃子の話、差し込み過ぎ!とか
光晴メインなのか?桃子夫妻なのか?闇鬼のお子様達なのか?凄くブレてるのが気になりました
そして華鬼ファンは、やっぱり神無たちの事が知りたいんだよね…そこが少なくて不満…
長男の出番の少なさや、もえぎさん出てこないのも寂しかった
自分は生家の嫁よりもえぎの方が好き
明らかに尻切れなのに「これで終わり」みたいな書き方のあとがきも気に食わんわ…
書きたいけど出版社からのOKが出ないって感じかも知れんが…
続くのなら早めに出してほしい
間が空くのが一番、ガッカリなんで…
Re: 光晴好きなので… 
>通行人様

お越しいただき有難うございます。

レビューとか見ると、中々好評価が多いようなので、自分と同じ風に考えた読者さんって少ないのかなと思う部分があったので、同じような意見で嬉しいです。
個人的には、無理やり1本の話にしてるのが微妙になってる原因じゃないのかと……テンポが悪い感じです。
そういえば、もえぎさん出てきてないですね……現代軸だと60代乗ってそうなので敢えて書かなかったのでしょうか?というか、桃子も凄いおばさんになってるのではと。
確かに、私もあとがきは若干微妙に思いました……。いくら作者が描く気があったとしても、書籍のみの読者もいるのではないかと思うので。出版業界も不況ですし、Regaloは売れなかったら続刊出さないですからね(笑)

続編を出すのだとしたら、個人的には1年以内くらいを目安にして欲しいですね。
ゲームやらドラマCDやら出してるので、出すならこの数ヶ月に絞ったほうが売れ行きはよさそうだとは思いますが。それなら、どうして番外編という名目で出したんだって気はしますけれど(笑)
通りすがり 
の者です。
すごく共感したので、ついコメしてしまいました…。笑

私は響夫婦好きだったので(短編とかで)「甘い罠」については何も言うことないですね^^
ただ、主の語り部を華鬼側にしなかったのか、そこら辺はやっぱり納得できませんね><
光晴は特典小説だけで十分だったと思うし、番外編で新たな謎を残すのかよ!!!って感じで……

続編(シリーズ再開)に期待です。oO
 
通りすがりの方、コメント有難うございました。

響夫婦は単体で見る分には萌えるんですが、やはり主人公カップル主導でいてもらいたい自分としては、語られすぎかなぁって思えて悔しい気持ちがありました(笑)
語り手が華鬼だったら、神無のことしか考えてなさそうで、話がすすまなそうです。番外編から見るに、保守側に入る気がしますし、逆に子供たちは改革側にいるというか……

こんな謎を残したままシリーズ終了のはちょっといただけないですね。私も続編に期待してます。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
よかったです 
すっきりしましたありがとうございます。ホッとしました。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。