[PR] 美容院

流転屋

The Dream is to any directions on the Current of the Clouds. 主に漫画、ライトノベルの感想などを更新、溢れるオタク思考が原動力です。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2011.12.22-26] タイ旅行。X'masは国外逃亡してました。

去年の冬コミ時に会ったタイの友人([C79] 冬コミ遠征 2泊3日(12/28-30))が、今度はあなたが来る番だからね的なことを言って、行くよーって言ってしまった手前、行かなきゃいかんだろってことで行って来ました。

夏頃になってそろそろチケの手配とかせないかんだろとか色々とwebサイトをまわっても、何故か軒並み売り切れ。
タイ航空は3月だったか4月だったかにその1年の運賃が発表され予約可能であるとのことで、格安チケットは売り切れ。HISやらSTAやら何か色々問い合わせみたけど、結局タイ航空直で予約とったが一番安いじゃんってことで、年末年越しはチケの値段がべらぼーにあがってくるので、天皇誕生日と週末の連休を含んだところで有休2-3日組み合わせて行くかーっと。冬コミは行かないしね!ってことで、当初は23-27日辺りを予定して、そのまま年末休みに突入と考えていたのですが、チケの値段の都合上、22-26日に変更。そして、明日から2日間は仕事です。んで、年末休みです。

結局、そのときは65000円弱でチケの予約が取れたんだけど、何故かその後、10月に入ってから後期運賃みたいなのが発表されて、5000円以上安い値段にorz まぁ、次回チケ取るときのためのいい勉強となりましたよ。タイ行きの格安を狙うなら、3月か4月、10月にチェキったらいいってことで。

まぁ、そんなことでちょっとブルーになりながらも、未曾有の洪水が起こってしまい、行けるか行けないか微妙なところに。
しかし、私のとってるチケは無料払い戻し期間には該当してない……。
キャンセル料は10000円。出発前日の17時までに電話したらいいとのことだったのでぎりぎりまで悩んでました。
そんなこんなしてたら、友人が来月から仕事決まったからーという連絡をよこしたので、今の機会に遊んどかんとなということで行くこと決めました。


結果的には言って良かったかな。
前日に地球の歩き方を買ったりして、どたばたしつつ、遺跡関連を回りたいと思ってたけれど、友人曰く、最近まで浸水してたもんだから、臭いし汚ねーよということで、結局バンコク市内をぶらぶら……というか、私が一方的に友人を連れまわし道案内させたような旅行となりましたw


とりあえず、土産それなりに持ってたからいいだろということで。
以下、ちょっと行ったところの纏めと写真を少々。
 






22日。

11:40発の飛行機だっため比較的ゆっくり……というか、普段と変わらない時間に起床。
日本とタイの時差は2時間。日本のが早い。バンコク15:35着だったにもかかわらず、イミグレで時間を食ってしまい余裕で16時過ぎましたww 何かめっちゃ人多かったけど、前に並んでた人たちがやたら遅かったわ……
空港まで友人が迎えに来てくれており、電車で彼女宅へ。

はい、プール付のマンションでしたよ。

駐車場に入るところには警備員いるし、ロビーにも警備員みたいな人おるし、建物の中に入るのにもカードでピってしで自動ドア開けないといかんし、エレベーター動かすにもピってやらないかんし……
うん、まぁ、何か住む世界違います。
高級住宅地だそうで、日本人が沢山住んでるよーとのことで、至るところで日本語見かけましたwww レストラン系だと結構メニューにも日本語メニュー書いてます。屋台みたいなところはもうタイ語オンリーって感じでしたがw
しかも、もうすぐ彼女引っ越すそうで、その新しいマンションの別フロアには凄い人が住んでるだとかで、一緒のエレベーターには乗れないとかなんとか……。想像つかん世界です。
とりあえず、その日は荷物を置いて、ちょっとだけお金をタイバーツに換えて、その辺のデパートに連れてってもらいました。
なんというか、デパート沢山あるんだけど、普通に高級そうなデパートです。田舎者の私にとっては何かちょっと行ったところにそんなデパートがあるってのも凄いような気がするのですが、考えたらバンコクって言ったら首都ですしねwww

NaRaYaというキルトバッグのお店にも行ったとですが、そういえばタイ関連調べてるときに見たなーという記憶が蘇る。その時は何かギャルくさいwwwwwって思ったのに、何故か見てるうちにじわじわきてしまい、買ってしまいました。友人のお土産にも。
所謂布バッグ以外の何物でもないと思うんだけど、縫製や作りもしっかりしてて、裏地もきちんとついてて、トートバッグの癖にジッパーまで付いているという中々の優れものだったりします。勿論、布バッグだから軽いww そして、何よりお値段がやばいですwwww 普通のA4が入るくらいのジッパー付トートで日本円で500円弱wwww

右の画像が黒バッグの中。黒のはちと生地が違うのか、ちと高くて340B。
まぁ、普段だったらスルーなんでしょうが、ある意味旅行マジックというやつでしょうかねwwww?

あ、それと、マンゴー食べた。
マンゴーともち米が一緒にパックされて売ってて、もち米(ちと甘い)にココナッツミルク(多分)をかけて食べるというもの。
マンゴーは普通に美味しかった。もち米も単体でなら甘いけどいけないことはない。でも、ココナッツミルク混ぜる……というか、そもそも米に何かしらデザート関連のものをミックスさせるというのが何とも言えない。美味しくないことはないんだけど、何か奇妙な感じでした。
やっぱり、果物はフレッシュが一番なのではないかとwwww なんかおいしいんだけど、そうゆう過分な組み合わせが多い気がしないでもないです。


23日。
観光してきました。
船の1日乗車券で、旧宮殿やら寺やら見てきました。
何というか、私は宗教関連には全くと言っていいほど興味を持てないのですが、一応日本も仏教国なわけですが、なんかえらい違います。
何か全てがゴージャスwwwww

とりあえず、この日行ってきたのは、ワット・プラケオ王宮ワット・ポー。王宮と言ってもだいぶ前の王様みたいだけどね。
とりあえず、写真を数枚。
回ってるとき、どこ行ってるかぶっちゃけわからんかったので、場所と写真が一致してるかは正直ちょっと自信ないw


ワット・プラケオ








ワット・ポー






上の写真は、建造物的にはだいたい18世紀頃みたいだけど、今から200-300年ほど前に、こんだけの精緻なつくりの巨大な建物が造られてるのが凄いと思う。
建物も中も、高い壁と天井いっぱいに絵が描かれてたりして何か凄い。
時間に余裕があったら、ワット・ポーんとこでマッサージ受けたかったw

そういや、ココナッツを煮詰めた物っぽいのが入った焼き菓子みたいなの食べた。甘くてココナッツの独特な甘さがうまかったんだけど、出来たてで熱くないとあまり美味しくなくて、でも出来たては熱いくて食べにくいし、中がとろとろで食べにくいというwwww





24日。
この日は、昨日行きそびれた、ワット・アルンに行ってきました。昨日と同じ船に乗ったわけだけど、旅行者専用というか、かなりの旅行者が乗ってました。他にアクセス方法はないんだろうかね? ワット・ポーの対岸だったので、船で渡してもらうんだけど、3Bというお値段……。チロルチョコが買えるか買えないかって値段。

三島由紀夫の「暁の寺」の題材になってるらしい。よく知らないけど。
暁の寺 (1970年)暁の寺 (1970年)
(1970)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


実は、7歳くらいの頃にタイには来たことがあって、そのときの記憶で、皿(食器?)で飾られた塔があって、塔の途中まで登ったけど途中で登るのやめたってことを覚えてたのですが、どうやらここだったようですw






この日は曇りで比較的にすごし易い日だったけど、写真の見栄えがあまりよろしくないのが残念。
1枚目のは前日、船に乗ってたときに撮ったもの。
何か重厚な雰囲気が、こうヲタ心をとてもくすぐるものがありましたwwww




この後、行ってみたかった店に連れてってもらった後に、ウィークエンドマーケットに行きました。
地球の歩き方に、気になったものは即買いしないと店に戻れる保障はないと書いてあったとおり、凄く雑多な感じでした。




通り沿いの店ならともかく、中の店だったらかなり精通しないとどこに店があったのかわからなくなると思います。普通に迷路みたいです。

上で挙げた寺に入るとき、ショートパンツだったりしたら入れないので、レンタルでロングスカートやらを貸してくれる店があったりしたのですが、どうやらそこで借りたと思われる観光客の履いてるズボンやらスカートやらが凄く着心地よさそうで可愛くて……それらをマーケットで求めてたのですが、中々見つかりませんでしたorz
いや、あるにはあるんだけど、柄が可愛くなかったり、生地が微妙だったり……

結局、ロンスカみたいなズボン(500B←友達が値切ってくれたw)と染め柄っぽいてろんとしたズボン(390B)買いました。あと、ノースリシャツ(150B)。まぁ、夏に着れればいいよねって感じなんだけど、タイに行く際は着替えとか持っていかないで、現地調達したがええんでないかって思いましたよwww
ロンスカみたいなズボンは、結構可愛いくて気に入りましたw 膝下くらいまでスリットっぽいのはいってるし、一見中布なくて透けてね?って感じなのに、短パンくらいの長さは中布ついてるしwww
ズボンはパジャマにする気まんまんだったけど、普通着でもいけそうな感じでした。

うん、ここは一日中いても楽しそうだなと正直思った。私がてれてれしてたのもあって、あまり時間なかったんだけどorz
まぁ、結局、当初欲しいって思ってた感じのはなかったんだけど、何かもうひたすら安いのとアジアン雑貨のいい感じが何とも言えませんでした。


んで、この日。パパイヤのサラダを食べました。
昼にそれの有名なレストランに連れてってもらったのですが、人が多くて断念。
結局、別の店に夕飯として連れてってもらいました。

これは、普通に美味しかった。何かいくらでもいけそうな感じ。
あくまでサラダなんだけどね。メニューの中にはいちごとマンゴーだったかな?とナッツのもあって、フルーツ好きの私としては気になったんだけど、友人が書いてないけど、これに魚のソース(ナンプラー)がついてんだよ?みたいなことを言ってて、デザートみたいなのに?って言っても、デザートじゃなくてあくまでもサラダらしい。でも、正直今でも試してみたい気持ちはある。パパイヤがあうんだから、いけるんじゃないかと思うんですけどねぇ?


これは、美味しいけど辛いよーってことで頼まれた料理。結構スープは独特な感じだったけど、普通に美味しい。でも、何が悪かったのか、他の料理でいけるだろwwwとか適当に思って、唐辛子をそんまま食べてしまったからなのか、その後、口がやばいことになりましたwwww
しばらく辛いのおさまらんかったwwww





25日。
旅最終日。
ほぼ私の土産選びに友人をつき合わせました。
NaRaYaとジムトンプソン。他にも行ったけど、あまり大したことなくて結局何も買わなかったので、友人に申し訳なかったですorz
でも、ジムトンプソンは免税にも入ってたので凄く損した気分になりました。柄も買うときにちょっと妥協した部分があった手前ね……
だけど、NaRaYaで使った自分のクレカが5%OFFの対象だったもんでお得な気分になりました。

この日は、何かいい感じのレストランでトムヤムクンを。
とりあえず、今回の旅でグリーンカレーとトムヤムクンが食べたいって思ってたのもあり、それは満たされましたが、今回思ったよりもタイスイーツ食べなかったし、果物もあまり食べなかったのがちょっと残念でした。


んで、夕方昼前にタイ式マッサージに連れてってもらいました。
2時間450B。

うん。これはね、いいです。
次タイに行ったら、毎日受けるわwwwwって思った。

夕飯は、彼女の弟二人と一緒が合流して一緒に食べました。
FFの新しいソフトの話をふられました。人気あんの?って聞かれたけれど、何とも答えようがないというか、モンハンのニュースに消されてね?みたいな印象も若干あり。というか、モンハン自体よくわからんのだけどねw
とりあえず、全部日本語らしく、どうやって遊んでんのかと思ったら、推測しつつやって、あとは翻訳がついた動画とか見て自己補完とかなんとか。それで面白いのか正直私にはわからんわw



しかし、マッサージですっかり体がほぐれてたんですが、重いリュックサックに、イミグレ通った後に土産菓子をどっさり買い込みまして、疲れました。
しかも、その菓子ってのが、ココナッツロールというやつで、去年友人がくれたのですが、それがうまかったので、それを買いたいと言ったところ、イミグレ通った後の免税店にしかないって言うもんですから、そのココナッツロール、色んなブランドがあるようで、友人がくれたのと同じブランドのを探すため、タイ語で書いてもらって、菓子売ってる店に「このブランドの扱ってる?」って聞きまくりました。何か要領得ない答えもありましたが、結局は私が見覚えてたのからパッケージが変わったとか何とかw



んで、何故か、沢山置いてる店はあるのに適当な店で買ってしまって、11箱買った後に、5個買ったら1個フリーって店を見つけて軽く凹んだりorz






まぁ、そんなこんなで、01:00のフライトだったため、26日の早い時間には帰国しておりました。
うまい具合に高速バスにも乗れて、帰りはタクシーで楽して帰るぞーって思ってたのに、ここで問題発生。

万札しか持ってなかったため崩したくないのもあって、iDが使えるようだったのでiDでって言ったら、おっさん使い方わからんから云々。しかも、iDで払うって言ってたら何でそれで払わないといけんのかみたいな話にもなるし、わけわからん。
使い方わからんからとかってわけわからんこと言い出したから、現金持ってねーよって返したら、今からおろしに連れてくけどとか言うし、家に後からとりにくるからとか言うから今からすぐ出かけるとか言って、維持でも現金払いたくなくなってきたwwww 家に入ったらあるんでしょ?みたいなこと言うからないって言い張った。
そしたら、おっさん。大元に電話して確認www 東京でiD使って乗ったときは超スムーズだったのにね。

八幡タクシー、扱えない端末積むんだったら、窓にクレカやiDとかの表示すんなよ。
しかも、話してるの聞いてたらもう聞き苦しいことこの上ない。支払い方法の教育くらいちゃんとしとけよな。
今度から、タクシー使うときは、iDの使い方わかるか事前に聞かないといけないといういい勉強になりましたwww





とりあえず、そんなこんなでタイ旅行終了。

来冬も行こうかと模索中。


というか、屋台とかで食べたら、マジで食べ物安くてびっくりした。
結局ほとんど土産でお金使ったわけだけど、手元にあったAUD約130と1万円を両替。その他約1万円分クレカで買い物。残りは600Bくらい。

物を買わなかったら現地ではそんなにお金は使わないので、航空券をどんだけ抑えれるかが鍵だなって感じでした。


来年こそは、タイ郊外で遺跡巡りがしたいと思うも、正直なところ、一人で行くのもいいけど、誰かときゃっきゃしたい部分もあるので、誰か一緒に行ってくれる友達がいたらいいのになと密かに思ってしまいます。

つか、来年はタイってーよりも、カンボジアのアンコール・ワットを目指したい感じなんですがね。どうせ、タイで乗り換えになるだろうから、数日はタイで遊んでカンボジア入国ってのが妥当かな~
来年は、有休も結構たまってるだろうから、天皇誕生日辺りの連休と最後の週をフルに使って遊びにいきたい感じです。
でも、もしネ申がコミケ参戦するなら、迷うことなく予定チェンジする可能性があるのが私ですw



最後にマックの人もタイ仕様で思わず撮っちゃいましたw


関連記事
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recommending
▼誰が何と言おうと、お勧めNo1なライトノベル。思春期萌えの方は、この身悶えるような快感に存分に酔うことができるだろう。
[感想] アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭
[感想] アンゲルゼ 最後の夏
[感想] アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋
[感想] アンゲルゼ 永遠の君に誓う
[感想] アンゲルゼ短編 月のごとく
アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ 最後の夏 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)



▼韓国ドラマ「太陽を抱く月」の原作、上下巻。お互いの顔も知らないまま終わった幼い恋。しかしそこには外戚が関わり、父王が隠蔽した恐ろしい事件が隠れていて――。8年の時を経て、再び動き出す【太陽】と【月】の恋物語。
[感想] 太陽を抱く月(上)(下)
太陽を抱く月 (上)太陽を抱く月 (下)

▼上記「太陽を抱く月」同作者による韓国ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作翻訳本「成均館儒生たちの日々」上下巻。大河的歴史背景と登場人物の心情描写が最高に美味しい! 日本の少女小説で味わえない面白さがここにある! そして、「奎章閣閣臣たちの日々」上下巻へと続く。
[感想] 成均館儒生たちの日々(上)(下)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(上)
[感想] 奎章閣閣臣たちの日々(下)
成均館儒生たちの日々(上)成均館儒生たちの日々 (下)
奎章閣閣臣たちの日々 (上)奎章閣閣臣たちの日々 (下)




「烙印の紋章」と世界観を同じくする作品。人質として敵国で過ごしたアトールの第二公子レオ・アッティールが、どうして後世悪名高き英雄『首狩り公』と呼ばれるようになったのか――? 重厚な世界観はもちろん折り紙つき。ライトノベルを読む楽しさ数年ぶりに思い出させてくれた胸熱な戦記物。
[感想] レオ・アッティール伝Ⅰ 首なし公の肖像
<



▼WW2という世界を背景に生きる少女(少年?)たち。正直欲張りすぎだろ!ってくらい萌え要素の詰め込みを感じるも不思議と破綻せずに読ませる魅力に溢れるている。6年の歳月を経て講談社文庫で新装復刊、2015年4月現在3巻まで刊行中。全4巻完結予定。
[感想] カーリー1~2巻
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)



▼TL小説。騙されたと思って読んで見ろ!
◆ただの男女として出会った二人が少しずつお互いを知り、そして――(火崎勇著「恋と泥棒の仕方は覚えます」) ◆わずかな気持ちのすれ違いから誤解が生じてしまう。王道の話運びの中、一人称の心情描写がぐいぐいくる。(火崎勇著「あなたの手を取るその前に」) ◆復讐のため陵辱され愛人関係を強いられたその先、過去の真実とは――?(藤波ちなこ著「初恋の爪痕」) ◆互いに心と身体に傷を持つ姫と騎士、二人の出会い。姫を救うため騎士のとった行動とは?(藤波ちなこ著「最愛の花」

[感想] 恋と泥棒の仕方は覚えます
[感想] あなたの手を取るその前に
[感想] 初恋の爪痕
[感想] 最愛の花
恋と泥棒の仕方は覚えます~姫君と黒の貴公子~ (ジュリエット文庫)あなたの手を取るその前に (ガブリエラ文庫)
初恋の爪痕 (ソーニャ文庫)最愛の花 (ソーニャ文庫)



▼この言葉に出来ない臨場感はなんなんだろう。無駄なページが、コマがひとつも無い。漫画としての見せ方がとにかく半端ない。2015年4月現在、13巻まで刊行中。→ 1巻感想
ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(13) (講談社コミックス月刊マガジン)



▼竜×人間のもどかしい恋物語。独自の世界観と取捨選択され凝縮された内容が魅力的。恋愛だけでは語れない少女小説。2015年4月現在、6巻まで刊行中。
[感想] 白竜の花嫁 1~3
[感想] 白竜の花嫁 4 朽ちゆく竜と幸いなるもの
[感想] 白竜の花嫁 5 愛の終わりと恋の目覚め
[感想] 白竜の花嫁 6 追想の呼び声と海の覇者
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁6(仮) (一迅社文庫アイリス)



▼主人公は、社会人女装お母さん(♂)! 定期的に読みたくなっては、腹がよじれるほど笑わせてくれる上に、中にはほろりと来るエピソードも有。女装お母さん真琴と子供の崇、そして真琴の恋人、菜摘が織り成すコメディ作品。全10巻。→ 最終巻感想
ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(10)(完) (ヤングガンガンコミックス)

◆同作者による、義姉弟モノの恋愛作品、ライアー×ライアー。2015年4月現在6巻まで刊行中。
ライアー×ライアー(1)ライアー×ライアー(6) (KC デザート)



▼罪について描かれた三作が収録された作品集。個人的には冬霞が一番好き。少女漫画的には半夏生。→ 感想




▼「花」に愛しい人を奪われ、癒えない傷を胸に、主人公は「花」と戦うことを決意する。主人公とヒロインの距離感が絶妙。世界観もファンタジックで幻想的。続きが読みたくて堪らない作品の一つ。
[感想] 花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す
花狩のロゼ 歌姫は薔薇を殺す (B's-LOG文庫)



▼ごく普通の中学生として過ごしていた主人公の日常が変わっていく。限られた世界の中で、日常を隣り合わせに死闘が繰り広げられる。先の見えない不安の中に面白さが混在し、今後の展開が全く読めない。2014年1月現在、一学期編完結、4巻まで刊行中。2013年12月よりstudio ET CETERAで5巻分を無料公開中。
[感想] ほたるの群れ1~2巻
[感想] ほたるの群れ3巻
[感想] ほたるの群れ4巻
ほたるの群れ〈1〉第一話・集(すだく) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ2 第二話 糾 (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第三話 阿(おもねる) (幻冬舎文庫)ほたるの群れ 第四話 瞬(まじろぐ) (幻冬舎文庫)




▼青春恋愛小説。主人公の達観したような淡々とした視点の中、様々な感情が混ざり、ある種の熱さを伴ってヒロインに接している描写がたまらない。全3巻。
[感想] 東雲侑子は短編小説をあいしている
[感想] 東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる
[感想] 東雲侑子は全ての小説をあいしつづける
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)



▼最近のライトノベル界では中々珍しいガチ戦記物。しかし、ライトノベルとしてニヤっと出来るキャラ具合もちゃんと盛り込まれてる感じが堪らない。全12巻。
[感想] 烙印の紋章 1~9巻
[感想] 烙印の紋章 12巻
烙印の紋章―たそがれの星に竜は吠える (電撃文庫)烙印の紋章XII あかつきの空を竜は翔ける(下) (電撃文庫)



▼とにかく大好きな少女漫画「こどものおもちゃ」の紗南ちゃんと羽山のその後を読むことが出来るHoneyBitter番外編。これの前編が出たときは、雑誌で何度も何度も読んでは、次号が出るまでの間、こどちゃも何度も読み直しました。もう、最高です!→感想
Deep Clear 「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編 (愛蔵版コミックス)


▼某社倫理規定に抵触し出版停止となった、唐辺葉介氏のあの問題作が、ついに始動。→ 感想
暗い部屋



▼軍人幼馴染目的だったが、成金と庭師にやられた。えろもシナリオも満足保証!! 特に成金BAD「後悔」は涙腺刺激された。→ 感想




「蝶の毒 華の鎖」のFD「蝶の毒 華の鎖 ~幻想夜話~」。ハッピーエンド後のアフターストーリーのみならず、本編バッドエンド周りも補完されてるとのこと……三郎EDないかなぁ……正直、誰得だが、BADだとあってもいいと思ってしまう。




▼「黒と金の開かない鍵。」(→感想1感想2)を処女作にもつlittle cheeseの新作「トリック オア アリス」
黒と金の開かない鍵。トリック・オア・アリス



Profile

波

Author:波
脳内はいつもピンク色。
妄想とかレビューもどきの感想とか、勝手気ままに綴ってます。ネタバレ含みまくりです。胸熱な勢いで更新したくなる作品に出会ってない気がする今日この頃。
ブログを更新するほどの熱い想いを持てなかった読了本の感想は、読書メーターにて。
拍手レスページ(2011.08~)

不規則更新なので、twitterで更新を通知しています♪

Mail Form
ご自由にどうぞ。

Name: Mail:
Message:

Monthly Archive

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。